心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか

ブルーバックス
シンゾウノチカラヤスメナイゾウキハナゼソレヲヤドシタノカ
  • 電子あり
心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一日10万回もの拍動を生涯続ける心臓はなぜ過労死しないのか? 謎に挑んだ著者らが遭遇した、進化の過程で心臓に埋め込まれた絶妙のシステム。薬剤によらない簡単な措置だけで、「心筋梗塞マウス」の9割以上を生存させた、その驚くべき力とは?いったい何が発見されたのか? こちらから著者へのインタビューが読めます。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44829


私たちの心臓は、一日に10万回、生涯ではおよそ30億回もの拍動を繰り返している。
活性酸素という猛毒にも曝されながら、なぜ心臓は過労死しないのだろうか? 
従来、その理由とされてきた定説には、じつは見過ごされていた大問題があった。
その謎が解けなければ、「心臓が死なない理由」は説明できないのである。

忘れられていたミステリーに挑んだ著者が遭遇した、身震いするような事実。それは、
30億年の進化の過程で心臓に埋め込まれた、絶妙のシステムの存在を物語っていた。

心臓を癒すそのシステムにはさらに、日本人の死因ではがんに次いで多い「虚血性心疾患」への、
劇的な対抗策となりうる力が秘められていた。
薬剤を使わず、簡単な措置だけで「心筋梗塞マウス」の9割以上を生存させるその驚くべき力とは?
世界に先駆けて心臓のNNCCS機能を発見した著者による、初の一般向け解説書。

いったい何が発見されたのか? こちらから著者へのインタビューが読めます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44829

目次

  • はじめに
  • 序章 心臓の基礎知識
  • 第1章 自律神経についてのある誤解
  • 第2章 交感神経の絶大な力
  • 第3章 副交感神経が秘めた力
  • 第4章 アセチルコリンをさがして
  • 第5章 NNCCSはなぜ宿ったのか
  • 第6章 もう一つの大発見
  • 第7章 死なないマウス
  • 終章 これからのNNCCS
  • あとがき
  • 参考文献

製品情報

製品名 心臓の力 休めない臓器はなぜ「それ」を宿したのか
著者名 著:柿沼 由彦
発売日 2015年08月21日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257929-2
通巻番号 1929
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:柿沼 由彦(カキヌマ ヨシヒコ)

柿沼由彦(かきぬま・よしひこ)
1962年東京生まれ。千葉大学医学部卒業。筑波大学大学院医学研究科修了。医師、医学博士。Vanderbilt University Medical Center Research Fellow(米国)、日本学術振興会特別研究員、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、高知大学医学部准教授を経て、現在、日本医科大学生体統御科学分野大学院教授。2009年、心筋細胞みずからがアセチルコリンを産生する非神経性心筋コリン作働系(NNCCS)を発見。2013年、NNCCS機 能亢進マウスによる心筋虚血耐性機構を動物モデルで報告し、現在このモデルを使って、心臓から脳にはたらきかける制御機構について研究を行っている。2010年、Ed Yellin Award受賞。

オンライン書店で見る