論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法

ブルーバックス
ロンリガツタワルセカイヒョウジュンノギロンノギジュツウィンウィンヘトミチビクイツツノギホウ
  • 電子あり
論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人は議論が下手、とよく言われます。もしあなたも「議論するのは苦手」だとしたら、それは正しい議論のしかたを知らないからです。議論とは、自分の主張を押し通したり、相手を打ち負かしたりするような勝敗を競うものではありません。Win-Winでベストな成果を導き出す、論理的で生産的な話し合いです。5つの基本技術と、思わず「なるほど」と膝を打つ実例で、議論上手になるテクニックを学んでいきます。

〈内容紹介〉議論を成功させる5つの基本技術
1 伝達の技術 分かりやすい話し方とは?
2 傾聴の技術 議論の流れを正しく把握する方法
3 質問の技術 論点を深める効果的な聞き方とは?
4 検証の技術 間違った意見に惑わされない方法
5 準備の技術 議論のシナリオを作り予防線を張る

目次

  • 序章 なぜ議論の技術なのか
  • 1 論理的な議論とは
  • 2 論理的な議論でWin-Winに導く
  • 3 論理は万能ではない
  • 第1部 議論の基礎
  • 1 議論の基本は、主張の構成にある
  • 2 議論には、守るべきルールがある
  • 3 議論は、原案への反論の応酬である
  • 第2部 議論の技術
  • 1 伝達の技術
  • 2 傾聴の技術
  • 3 質問の技術
  • 4 検証の技術
  • 5 準備の技術
  • 第3部 議論の実践
  • 1 論点をとらえ、深め、ずらさせない
  • 2 議論例と解説
  • 3 演 習
  • 〈コラム〉
  • トゥールミンの議論モデル
  • どこまで理由に対して根拠を述べるのか
  • 議論が本当に得意な人
  • 代案の条件
  • 「おまえもやっているではないか」という反論
  • 議論上手とは
  • メリットの重要性には質と量がある
  • 「反対するなら代案出せ」は正しいか?
  • 使ってはいけない裏技(不当予断の問い)
  • 相関関係は因果関係ではない
  • 使ってはいけない裏技(誤った二分法)
  • フェルミ推定
  • 使ってはいけない裏技( 多義あるいは曖昧の詭弁)
  • 使ってはいけない裏技(詭弁すべて)

製品情報

製品名 論理が伝わる 世界標準の「議論の技術」 Win-Winへと導く5つの技法
著者名 著:倉島 保美
発売日 2015年05月21日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257914-8
通巻番号 1914
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:倉島 保美(クラシマ ヤスミ)

1961年生まれ。東京大学工学部卒業。NECにて、18年間LSIの設計に従事するかたわら、ライティングやプレゼンテーションの指導を始める。2005年に有限会社ロジカルスキル研究所を設立。現在、企業研修として、日本語および英語のライティングや論理的思考法、ディベート、プレゼンテーションなどを指導している。『論理が伝わる 世界標準の「書く技術」』『論理が伝わる 世界標準の「プレゼン術」』(講談社ブルーバックス)、『書く技術・伝える技術』(あさ出版)など著書多数。

オンライン書店で見る