エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学

ブルーバックス
エントロピーヲメグルボウケンショシンシャノタメノトウケイネツリキガク
  • 電子あり
エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いったいエントロピーって何なのでしょう? 教科書には無味乾燥でとっつきにくい数式が並ぶばかりで、こうした疑問に答えてくれません。ならば、人類がどのようにして自然の中に潜むこの「怪物」を発見したのか、どのような必要に迫られ、どのようなプロセスをたどり、どのようにその姿をあぶりだしていったのかを再現し、追体験してみたら、その正体が見えてくるのではないか? これが本書の主旨です。


わかったようで、わからない――エントロピーについて、そう感じている人はとても多いようです。

「乱雑さ」のこと、と簡単に片づける見方もあれば、エネルギーと並ぶ物理学の最重要概念であり、宇宙のすべてを支配し、

私たちの運命さえも決めてしまう究極の理論、などと、やたら深遠なことを書いてある本もある――

いったいエントロピーって何なのでしょう? 教科書には無味乾燥でとっつきにくい数式が並ぶばかりで、こうした疑問に答えてくれません。

ならば、人類がどのようにして自然の中に潜むこの「怪物」を発見したのか、どのような必要に迫られ、どのようなプロセスをたどり、

どのようにその姿をあぶりだしていったのかを再現し、追体験してみたら、その正体が見えてくるのではないか? これが本書の主旨です。

実はエントロピーに悩んだのは、昔の天才たちも同じでした。あの電磁力学の祖マクスウェルさえも、最初はなかなか理解できなかったのです。

本書の主役となる3人の開拓者は、無理解と闘いながら、いかにしてエントロピーという新概念を見いだし、世界のすべてを記述する理論に育て上げ、

あらゆる科学技術へ応用する道を開いたのか――革命後、無残に没落した祖国フランスを憂える一人の青年の決意から、物語は始まります。

さあ、時代と国境を超えて、エントロピーをさがす壮大な冒険の旅に出かけましょう。

翻訳書『理系のための口頭発表術』の「イケてる」訳文が大好評を博した著者ならではの「ブルーバックス離れ」したナビゲーションも見ものです。

目次

  • まえがき
  • 第1章 英雄の息子──革命後のパリ
  • 第2章 わが名はエントロピー
  • 第3章 憂鬱な教授──世紀末のウィーン
  • 第4章 分子は踊る
  • 第5章 田舎の天才──南北戦争のアメリカ
  • 第6章 ミクロからマクロへ──「統計力学」の誕生
  • 終 章 放たれた矢──深く、広く
  • エピローグ 旅の終わりと始まり
  • 参考文献

製品情報

製品名 エントロピーをめぐる冒険 初心者のための統計熱力学
著者名 著:鈴木 炎
発売日 2014年12月19日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257894-3
通巻番号 1894
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る