分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史

ブルーバックス
ブンシカラミタセイブツシンカ
  • 電子あり
分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オスが進化の先導者だった!? ネアンデルタール人と現代人はいつ分かれたのか? 生物最古の枝分かれはどうおきたのか? 

いまだ多くの謎につつまれている生物の進化。化石には残らない進化の情報が、突然変異としてDNAには刻まれている。DNAに秘められた生物の歴史を丹念にたどり、進化のしくみを解き明かす分子進化学。その基礎から最先端の成果までをわかりやすく紹介する。DNAが語る生物35億年の歴史。

目次

  • はじめに
  • 目次
  • 第1章 ダーウィンと近代進化学の幕開け
  • 第2章 遺伝のしくみ
  • 第3章 DNAで進化をみる
  • 第4章 遺伝子がもつ進化の情報を探る
  • 第5章 分子進化の保守性
  • 第6章 分子進化速度
  • 第7章 インフルエンザウイルス=進化のミニチュア
  • 第8章 オスが進化を牽引する
  • 第9章 類似の配列をコンピュータで探す―バイオインフォマティックスへの礎石―
  • 第10章 コピーによる遺伝子の多様化
  • 第11章 眼の分子進化学
  • 第12章 高次のレベルからの機能的制約
  • 第13章 カンブリア爆発と遺伝子の多様化―形態進化と分子進化の関連を探る―
  • 第14章 器官と分子の起源
  • 第15章 分子系統進化学とは何だろう―分子がかなえたダーウィンの夢―
  • 第16章 生物最古の枝分かれ―最大の分類単位はいかにして発見されたか―
  • 第17章 真核生物誕生の謎
  • 第18章 見直される真核生物の系統樹―「単純から複雑へ」はいつも正しいか―
  • 第19章 多細胞動物の分類と系統―体腔という名の理想像への反抗―
  • 第20章 脊椎動物の進化
  • 第21章 哺乳類の進化―形態と器官にみられる収斂進化―
  • 第22章 われわれはどこから来て、どこへ行くのか
  • おわりに
  • さらに進んで読むための本
  • さくいん

製品情報

製品名 分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史
著者名 著:宮田 隆
発売日 2014年01月21日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-257849-3
通巻番号 1849
判型 新書
ページ数 416ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る