研究発表のためのスライドデザイン

ブルーバックス
ケンキュウハッピョウノタメノスライドデザインワカリヤスイスライドヅクリノルール
  • 電子あり
研究発表のためのスライドデザイン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

見た瞬間に伝わってしまうスライドを作れる

スライドの出来次第で、発表の印象は大きく変わる
必要な情報がきちんと伝わるスライドは、聴衆にとって「わかりやすい」ものになっている。
本書はスライド作りに欠かせない根本的な考え方と「見た瞬間に伝わってしまうスライド」のルールを厳選収録。
ルールを守るだけで、誰でも簡単に「わかりやすいスライド」を作れるようになる。

目次

  • 第1部 「わかりやすい」スライド構成にするために
  • 1 「わかりやすいスライド」とはどういうことか?
  • 2 結論から全体の流れを考える
  • 3 プレゼン全体の構造化
  • 4 スライド場の情報をブラッシュアップする
  • 5 プレゼン当日の「場」と「聴衆」を知る
  • 6 スライドの全体構成を3つの観点でチェックする
  • 第2部 「わかりやすい」スライドを作成する技術
  • 7 伝わりやすいスライド作成のための基本概念
  • 8 「短く、単純な」メッセージにする
  • 9 わかりやすくするためのデザイン的手法
  • 10 スライド上の文字を読みやすくする基本
  • 11 スライドを見やすくする配色の原則
  • 12 伝えたいことを伝えるためのグラフの原則
  • 13 伝わる表にするデザインの原則
  • 14 伝えたいことを伝えるための写真とイラストの原則
  • 15 図形や線を見映えよくする手法
  • 16 「わかりやすい」スライドの評価軸
  • 第3部 スライド全体の構成を聴衆に伝える工夫
  • 17 全体の構造を把握できるスライドを入れる
  • 18 「現在位置」を把握できるスライドを入れる

製品情報

製品名 研究発表のためのスライドデザイン
著者名 著:宮野 公樹
発売日 2013年04月19日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257813-4
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る