栄養学を拓いた巨人たち

ブルーバックス
エイヨウガクヲヒライタキョジンタチ
  • 電子あり
栄養学を拓いた巨人たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ラボアジエ、ボルツマンらの「熱」の研究、エネルギー源論争とアルプス登山実験、マッカラム、ゴールドバーガー、高木兼寛による「病原菌なき難病」征服とビタミンの発見……。そこには探偵小説をしのぐスリルとドラマがある。さらに大戦後の飢えた子どもたちを救ったサムス、最新知識の導入に努めた日野原重明、杉靖三郎ら、わが国の栄養学の「成立秘話」も明かす。(ブルーバックス・2013年4月刊)


偏見との苦闘! 発見のスリル!
なぜビタミンが必要なのか?
生体活動のエネルギー源は何か?
命がけで謎に挑んだドラマチック栄養学!

知られざる「真の貢献者たち」
栄養学が現在のように確立されるまでには、先人たちの命がけの苦闘があった。
ラボアジエ、ボルツマンらの「熱」の研究、エネルギー源論争とアルプス登山実験、マッカラム、ゴールドバーガー、高木兼寛による「病原菌なき難病」征服とビタミンの発見……。
そこには探偵小説をしのぐスリルとドラマがある。さらに大戦後の飢えた子どもたちを救ったサムス、最新知識の導入に努めた日野原重明、杉靖三郎ら、わが国の栄養学の「成立秘話」も明かす。

製品情報

製品名 栄養学を拓いた巨人たち
著者名 著:杉 晴夫
発売日 2013年04月19日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257811-0
通巻番号 1811
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る