ゲノムが語る生命像

ブルーバックス
ゲノムガカタルセイメイゾウゲンダイジンノタメノサイシンセイメイカガクニュウモン
  • 電子あり
ゲノムが語る生命像
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヒトゲノム解読から10年、生命の本質はここまでわかった。
免疫学の世界的研究者が、話題のキーワード、重要なテーマを切り口に、生命科学の全体像をオムニバス形式でやさしく解説。

生命の設計図DNAが分子レベルで解読され、ゲノム工学技術が飛躍的な発展を遂げた現代、生命科学は文系理系を問わず社会の幅広い分野で不可欠の科学となりました。まさに分子が織りなす命の綾としての「新しい生命像」を、日本を代表する分子生物学者がその最前線から解き明かします。

目次

  • 第1章 メンデルからゲノムへいたる道
  • 第2章 分子細胞遺伝学の基礎
  • 第3章 ゲノム工学の技術
  • 第4章 生命科学の新しい展開
  • 第5章 ゲノムから見た生命像
  • 第6章 生命科学がもたらす社会へのインパクト
  • 第7章 生命科学者の視点から

製品情報

製品名 ゲノムが語る生命像
著者名 著:本庶 佑
発売日 2013年01月18日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-257800-4
通巻番号 1800
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス
初出 ブルーバックス「遺伝子が語る生命像」(1986年初版発行)の書名を改め内容を大幅に加筆・改稿したもの。第7章初出:『文藝春秋』2001年9月臨時増刊号、『京都新聞』「現代のことば」2001年10月12日、2002年2月18日、2001年8月14日

おすすめの本

オンライン書店で見る