日本の原子力施設全データ 完全改訂版

ブルーバックス
ニッポンノゲンシリョクシセツゼンデータカンゼンカイテイバンシクミトリスクヲサイカクニンスル
  • 電子あり
日本の原子力施設全データ 完全改訂版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「全廃炉」でも、原子力との付き合いは50年続く――。原子炉全54基+関連施設を網羅した「読むデータブック」。炉のタイプ、出力、所在地、建設費、主なトラブル、海抜・海岸からの距離、業務内容……。「どこに何があり、何をしているのか」がすべてわかる。原発から燃料加工・再処理施設、大学や企業が持つ研究炉まで、数ある原子力施設の全貌を知る──。(ブルーバックス・2012年2月刊)


「全廃炉」でも、原子力との付き合いは50年続く――。

原子炉全54基+関連施設を網羅した「読むデータブック」。
炉のタイプ、出力、所在地、建設費、主なトラブル、海抜・海岸からの距離、業務内容……。「どこに何があり、何をしているのか」がすべてわかる。原発から燃料加工・再処理施設、大学や企業が持つ研究炉まで、数ある原子力施設の全貌を知る──。

「3・11」後、最も必要とされた定番ハンドブックをアップデート。完全改訂版でわかる7つのポイント。
(1)福島第一原発で何が起きたか、女川原発はなぜ助かったか
(2)全電力会社の原子力発電への依存度
(3)全原発の想定地震規模、想定津波高さ、最も近い活断層、非常用電源数、震災後の防災強化策
(4)廃炉の費用と工程
(5)過去の主要事故はなぜ起きたか
(6)外部被曝と内部被曝、二つある半減期の違い
(7)食物汚染、土壌汚染にどう対応するか

目次

  • 第1部 原子力発電の基本を知る
  •  1章 フクシマ――現実となった過酷事故(シビアアクシデント)
  •  2章 原子力発電とは何か――その原理とリスクを再確認する
  •  3章 原子力でどのように電気を生み出すのか
  •  4章 原子燃料とは何か
  • 第2部 日本の原子力施設データ
  •  商用原子力発電所
  •  原子力開発期間・大学・企業の研究炉
  •  核燃料加工・再処理施設等
  • 第3部 原子力事故にどう備えるか――放射線防護から損害賠償まで
  •  5章 原子力事故と放射線被曝
  •  6章 防災・安全対策と損害賠償を考える
  •  7章 原子力が抱える課題――政府、事業者、個人が考えること

製品情報

製品名 日本の原子力施設全データ 完全改訂版
著者名 著:北村 行孝 著:三島 勇
発売日 2012年02月21日
価格 定価 : 本体1,060円(税別)
ISBN 978-4-06-257759-5
通巻番号 1759
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る