麻酔の科学 第2版

ブルーバックス
マスイノカガクダイ2ハン
  • 電子あり
麻酔の科学 第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

麻酔は身体の機能を他人にまかせること。全身麻酔下の手術では、意識を失った状態で、呼吸・心拍など、身体の根本機能を長時間、他人にまかせることになります。それなのに私たちは、麻酔のことも麻酔科医の仕事もほとんど知りません。知らないまま、平気で手術をまかせられますか?安全が確立されるまでの試行錯誤の歴史から、最新の麻酔薬、装置、施術法まで、手術を支える麻酔と麻酔科医のすべてを解説します。


試行錯誤の歴史から最新の麻酔医療まで

麻酔は身体の機能を他人にまかせること
全身麻酔下の手術では、意識を失った状態で、呼吸・心拍など、身体の根本機能を長時間、他人にまかせることになります。それなのに私たちは、麻酔のことも麻酔科医の仕事もほとんど知りません。知らないまま、平気で手術をまかせられますか?安全が確立されるまでの試行錯誤の歴史から、最新の麻酔薬、装置、施術法まで、手術を支える麻酔と麻酔科医のすべてを解説します。

麻酔医療と麻酔学の大きな変化を取り入れた改訂第2版。その変化とは――
●吸入麻酔の役割が減り、静脈麻酔が中心に
●鎮痛薬としての麻薬の役割が増加
●モニター機器とコンピュータの使用が標準化
●手術中に意識が戻る問題が大きなテーマに
●麻酔薬の作用メカニズムの研究が活発に

目次

  • 序章 麻酔の実際の進み方の大筋
  • 第1章 吸入麻酔から静脈麻酔へ――2つの麻酔法の話
  • 第2章 お腹の手術でのどが痛い理由――気道確保
  • 第3章 麻酔における麻薬の重要性――麻薬は麻酔に役立つ鎮痛薬
  • 第4章 麻酔中の酸素不足――肺がつぶれて酸素が足りなくなる問題
  • 第5章 身体の外から動脈の血の色を見る――いろいろな監視装置
  • 第6章 医療で死なないために――手術と麻酔の事故
  • 第7章 硬膜外麻酔の役割――自律神経系との関係
  • 第8章 南米先住民の巧妙な狩猟――筋肉をやわらかくする薬
  • 第9章 手術中に意識が戻る恐怖――術中覚醒と記憶
  • 第10章 手押しの人工呼吸が鉄の肺に勝った――呼吸管理と集中治療
  • 第11章 もう1つの麻酔の応用――ペインクリニック
  • 第12章 作用のわからない薬の代表が“麻酔薬”――有効性からメカニズムへ

製品情報

製品名 麻酔の科学 第2版
著者名 著:諏訪 邦夫
発売日 2010年06月22日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-257686-4
通巻番号 1686
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ ブルーバックス
初出 1989年に出版した「麻酔の科学」の全面改訂版。内容に関して序章全体、他の箇所を書き直した。

オンライン書店で見る