細胞発見物語

ブルーバックス
サイボウハッケンモノガタリ
  • 電子あり
細胞発見物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

細胞の中にも骨があるってホント!? 「生命の最小単位」=細胞がよくわかる。私たちの体を形作る60兆個の細胞。その微小世界に魅入られた研究者たちによって、生命の謎は今や分子レベルで解き明かされつつある。世界で最初の細胞図からiPS細胞の誕生まで、発見の歴史をたどりながら生命の不思議に迫る。(ブルーバックス・2009年10月刊)


物語で楽しく学ぶ細胞生物学
細胞の発見から細胞生物学の誕生、最新の研究までを、オムニバス形式で分かりやすく解説。全12話の物語を通して細胞生物学の歴史と概要が自然に理解できる。

目次

  • 第1章 細胞の発見者は誰か?
  • 第2章 生物学に革新をもたらした電子顕微鏡
  • 第3章 細胞生物学と「膜」の発見
  • 第4章 ゴルジ装置は細胞の魚河岸
  • 第5章 ミトコンドリアの反乱
  • 第6章 伊東細胞をめぐるミステリー
  • 第7章 唾液に潜む謎の物質を探せ
  • 第8章 病気が教えてくれた細胞の働き
  • 第9章 発見に貢献した不思議な細胞たち
  • 第10章 生命をつかさどる分子モーターを捉えた
  • 第11章 夢の細胞――iPS細胞の誕生

製品情報

製品名 細胞発見物語
著者名 著:山科 正平
発売日 2009年10月22日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-257655-0
通巻番号 1655
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る