プリンキピアを読む

ブルーバックス
プリンキピアヲヨム
  • 電子あり
プリンキピアを読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ニュートンが17世紀に著した『プリンキピア』は、運動の法則や万有引力を基に自然界の仕組みを明らかにし、近代科学の出発点となった。図形を使った幾何学的な手法で力学の様々な難問を証明したニュートンのアプローチは、現代人が読んでも素晴らしく、その天才ぶりに驚嘆させられることだろう。科学史上、最も有名な本のひとつである『プリンキピア』の醍醐味を味わう1冊。(ブルーバックス・2009年5月刊)


人類の世界観を変えた科学史上最も有名なニュートンの名著を読み解く

ニュートンが遺した金字塔『プリンキピア』を丁寧に解説
ニュートンが17世紀に著した『プリンキピア』は、運動の法則や万有引力を基に自然界の仕組みを明らかにし、近代科学の出発点となった。図形を使った幾何学的な手法で力学の様々な難問を証明したニュートンのアプローチは、現代人が読んでも素晴らしく、その天才ぶりに驚嘆させられることだろう。科学史上、最も有名な本のひとつである『プリンキピア』の醍醐味を味わう1冊。

重力とは何か? 惑星はなぜ楕円運動をしているのか? 発表当時、「誰も理解できない」とさえ噂された『プリンキピア』。ニュートンが後世に多大なる影響を与えたその名著を読み解く。

目次

  • 第1部 プリンキピアとは
  •  第1章 プリンキピア誕生まで
  •  第2章 知識に関する時代背景
  •  第3章 「世界の体系」への道……プリンキピア第3編前半
  • 第2部 プリンキピアの諸定理
  •  第4章 用語の定義と運動の基本法則
  •  第5章 第1編 Section1 準備
  •  第6章 第1編 Section2 向心力と面積速度一定の法則
  •  第7章 第1編 Section3 ケプラーの法則の証明
  •  第8章 第1編 Section6~8 時刻と位置
  •  第9章 第1編 Section9 軌道自体が回転する運動
  •  第10章 第1編 Section11 2体問題・3体問題
  •  第11章 第1編 Section12 大きさのある物体の重力
  •  第12章 第1編 Section13 球状でない天体の引力……ニュートンの積分
  •  第13章 第2編 Section1~9 抵抗を及ぼす媒質内での物体の運動
  •  第14章 第3編命題18以降
  •  第15章 終わりに

製品情報

製品名 プリンキピアを読む
著者名 著:和田 純夫
発売日 2009年05月21日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-257638-3
通巻番号 1638
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る