光合成とはなにか

ブルーバックス
コウゴウセイトハナニカ
  • 電子あり
光合成とはなにか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学校の理科の時間に誰もが習う「光合成」は、タンパク質やDNA・RNAといった分子レベルの生物学だけではなく、量子力学という物理学や、酸化還元といった化学など、実はたいへん広い学問分野の研究が必要な、一筋縄ではいかない植物の生き方です。光のエネルギーで生きるために、葉緑体の中ではどのようなことが行われているのでしょうか? それは、我々動物とはまったく異なっているのでしょうか?


光合成を知ることは、生命を理解することだ 地球の生物を支える光合成は、実は動物の呼吸とほとんど同じ仕組みです。光合成を理解することで、生命の起源とその驚くべき精緻な仕組みを知ることが出来ます。

目次

  • 第1章 エネルギーの源
  • 第2章 光合成の始まり
  • 第3章 光を集める
  • 第4章 エネルギー変換
  • 第5章 二酸化炭素の固定
  • 第6章 水と光合成産物の輸送
  • 第7章 光合成の効率と速度
  • 第8章 植物の環境応答
  • 第9章 光合成の研究
  • 第10章 光合成とはなにか
  • 第11章 光合成と地球環境

製品情報

製品名 光合成とはなにか
著者名 著:園池 公毅
発売日 2008年09月19日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257612-3
通巻番号 1612
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る