新・生物物理の最前線

ブルーバックス
シン・セイブツブツリノサイゼンセンセイメイノシクミハドコマデトケタカ
新・生物物理の最前線
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代物理学の手法で解き明かすゲノム・脳・タンパク質・細胞……
原子・分子からなる私たちの生物を、物理的な手法で原理的に解明しようという生物物理学によって、ゲノムと遺伝情報、脳と記憶のメカニズム、タンパク質と機能、細胞のエネルギー生産など、生命活動の要となる現象はどこまで明らかにされたか。

目次

  • 第1章 「21世紀は生物の世紀」か?
  • 第2章 ゲノム計画のもたらすもの
  • 第3章 生物らしい分子の姿・形を見る
  • 第4章 分子でできた究極の微小モーター
  • 第5章 生物における光エネルギー・光情報
  • 第6章 細胞の物質輸送と信号伝達
  • 第7章 働く脳と変化する脳
  • 第8章 一分子観測・一分子操作による生物の理解
  • 第9章 生物物理とコンピュータ

製品情報

製品名 新・生物物理の最前線
著者名 編:日本生物物理学会
発売日 2001年10月19日
価格 定価 : 本体1,060円(税別)
ISBN 978-4-06-257348-1
通巻番号 1348
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ ブルーバックス

関連シリーズ