光と電気のからくり

ブルーバックス
ヒカリトデンキノカラクリ
  • 電子あり
光と電気のからくり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

電線内を電子が動くのが電流。では、電波は、アンテナから電子が飛び出したのでしょうか? 物が見えるということは光が目に入ってくることを意味する。では、その光はいったいどこからどう発生したのか? 静電気にはじまり、電気と磁気の関係、光と電磁波の正体、原子の構造と光の発生のメカニズムまで、目で見るようにわかりやすく解説する。(ブルーバックス・1999年7月刊)


電線内を電子が動くのが電流。では、電波は、アンテナから電子が飛び出したのでしょうか?
物が見えるということは光が目に入ってくることを意味する。では、その光はいったいどこからどう発生したのか?静電気にはじまり、電気と磁気の関係、光と電磁波の正体、原子の構造と光の発生のメカニズムまで、目で見るようにわかりやすく解説する。

目次

  • 1.電気の源は何か?
  • 2.電圧と電流
  • 3.磁石とは何か
  • 4.磁場と電場
  • 5.光の源は何か?
  • 6.電子のコマ

製品情報

製品名 光と電気のからくり
著者名 著:山田 克哉
発売日 1999年07月19日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-257259-0
通巻番号 1259
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る