人は放射線になぜ弱いか 第3版

ブルーバックス
ヒトハホウシャセンニナゼヨワイカダイサンパンスコシノホウシャセンハシンパイムヨウ
  • 電子あり
人は放射線になぜ弱いか 第3版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現在の定説「放射線はどんなに微量でも毒」への科学的反証。放射線の健康影響資料と動物実験を厳密に調査し、少しの被ばくなら危険ではない多数の証拠を記述。最近の生命科学でわかりはじめた「人体防御機能のすばらしさの秘密」の一部を紹介。「放射線は少しなら心配無用」といえる科学の時代がきたことを本書は告げる。(ブルーバックス・1998年12月刊)


現在の定説「放射線はどんなに微量でも毒」への科学的反証
放射線の健康影響資料と動物実験を厳密に調査し、少しの被ばくなら危険ではない多数の証拠を記述。
最近の生命科学でわかりはじめた「人体防御機能のすばらしさの秘密」の一部を紹介。
「放射線は少しなら心配無用」といえる科学の時代がきたことを本書は告げる。

【目次】
序章 わが青春と原子放射線
1章 放射線に対する不安
2章 放射線の人体への影響
3章 人体は放射線に弱くて強い
4章 低線量の危険と発がん機構
5章 生物の進化と環境への適応
6章 原発事故放射能にびくともしない人体

目次

  • 序章 わが青春と原子放射線
  • 1章 放射線に対する不安
  • 2章 放射線の人体への影響
  • 3章 人体は放射線に弱くて強い
  • 4章 低線量の危険と発がん機構
  • 5章 生物の進化と環境への適応
  • 6章 原発事故放射能にびくともしない人体

製品情報

製品名 人は放射線になぜ弱いか 第3版
著者名 著:近藤 宗平
発売日 1998年12月18日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-257238-5
通巻番号 1238
判型 新書
ページ数 282ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る