クォーク 第2版

ブルーバックス
クォークダイニハンソリュウシブツリハドコマデススンデキタカ
  • 電子あり
クォーク 第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

目次

  • 1 素粒子とは
  • 2 クォークとレプトン
  • 3 クォーク探し
  • 4 加速器のいろいろ
  • 5 湯川理論の誕生
  • 6 新粒子の出現
  • 7 素粒子の規則性と保存則
  • 8 対称性と保存則
  • 9 ハドロンの複合モデル
  • 10 クォークモデル
  • 11 クォークモデルの進化
  • 12 チャームとそれに続くもの
  • 13 ひも付きのクォーク
  • 14 パートンとは
  • 15 朝永・シュウィンガー・ファインマンのくりこみ理論
  • 16 QCD──色の量子力学
  • 17 対称性の自然破綻
  • 18 弱い相互作用の傾いた骨組
  • 19 ワインバーグ-サラムの電弱統一理論
  • 20 素粒子の標準模型1──素粒子物理の現状のまとめ
  • 21 素粒子の標準模型2──フェルミオンの質量
  • 22 統一場の理論
  • 23 大統一のプログラム
  • 24 素粒子物理学のゆくえ

製品情報

製品名 クォーク 第2版
著者名 著:南部 陽一郎
発売日 1998年02月20日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-257205-7
通巻番号 1205
判型 新書
ページ数 326ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る