音のなんでも小事典

ブルーバックス
オトノナンデモショウジテン
  • 電子あり
音のなんでも小事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

音はふしぎな性質意外な使い道がある。邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いたり、体の中をみたりすることもできる。さらに、外国語上達法や、音色の心理学、絶対音感や赤ちゃんが聞いている音の話など、音に関連する心理や生理までも追究し、徹底解説


その性質から先端技術への応用まで、音のすべてを語り尽くす。
あまりに身近すぎて普段は意識しないが、音には、ふしぎな性質、意外な使い道がたくさんある。
たとえば、邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いたり、体の中をみたりすることもできる。
さらに、外国語上達法や、音色の心理学、絶対音感や赤ちゃんが聞いている音の話など、音に関連する心理や生理までも追究し、あらゆる角度から徹底解説する。

目次

  • 1 1歩すすんだ音の知識
  • (1)音が曲がる?――屈折と回折
  • (2)邪魔な音はどう防ぐ?――遮音の工夫
  • (3)音を吸収する――吸音
  • (4)振動から音は必ず生じる?
  • (5)水の中は音の世界
  • (6)音と光は仲がいい
  • (7)声を解剖する
  • (8)音の仮面
  • (9)高性能な聴覚レーダー――耳は音をどうとらえる?
  • (10)超音波は聞こえる?――骨で音を聞く
  • (11)音色――心の中の多次元空間
  • 2 音声の科学
  • (12)音声にあらわれる個人性
  • (13)喜怒哀楽もイントネーションやリズムから
  • (14)顔から声を復元できる?
  • (15)動物の声と人間の声はどう違う?
  • (16)プロの声はどう違う?
  • (17)録音した声は本当に自分の声?
  • (18)カクテルパーティー現象――選んで音を聴く?
  • (19)存在しない音も聞く脳の働き――「幻聴」「空耳」?
  • (20)犬は「ワンワン」、猫は「ニャーニャー」?
  • (21)目で聞く音
  • (22)音楽は映像のイメージをどう変える?
  • (23)脳で起こることばの病気――失語症
  • (24)音楽と脳
  • (25)赤ちゃんと音――生まれる前の音世界・生まれてからの音世界
  • (26)小鳥の歌がもつ秘密
  • (27)こうすれば英語が話せる!――音声科学からみた外国語上達法1
  • (28)英語のリズム、日本語のリズム――音声科学からみた外国語上達法2
  • (29)コウモリの「聴」能力コンピュータ
  • (30)生物の音コミュニケーションのふしぎ
  • 3 音楽の科学
  • (31)カラオケはハイテクのかたまり
  • (32)音痴のメカニズム
  • (33)1人で歌う二重唱――ホーミー
  • (34)絶対音感
  • (35)音律はどう進化した?――平均律は妥協の産物
  • (36)らせんを描く音?
  • (37)無限に続く音階
  • (38)鳴き竜とエコー――コンサートホールの大敵
  • (39)音の焦点の功罪
  • (40)コンサートホール技術今昔
  • (41)設計図の音を聞く?
  • (42)よいコンサートホールとは?――100人に聞きま

製品情報

製品名 音のなんでも小事典
著者名 編:日本音響学会
発売日 1996年12月19日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-257150-0
通巻番号 1150
判型 新書
ページ数 334ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る