リハビリテーション

ブルーバックス
リハビリテーション
  • 電子あり
リハビリテーション
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

病気やケガで右手が使えなくなっても、左を利き手にできる!現代のリハビリテーションは、障害があっても、残っている健常な心身の機能をとことん伸ばし、それを新しい能力にまで高め、1人の自立した人間としての新しい生活の確立をめざすのである。本書では、神経の再生や脳機能の再編成、あるいは心の立ち直りなどに関する新しい知見を応用して、人間の全面的な回復をはかろうとするリハビリテーション医学の最新の姿を紹介する


たとえ右手が使えなくなっても、左を利き手にできる!
病気やケガで右手を動かせなくなったらどうするか? 右手を元通りにしようとするのも1つの考えだが、いくら訓練してもうまくいかない場合が少なくない。そのときは、使っていない左手を訓練すれば、誰でも3カ月で字を書いたりハシを使えるようになる。このように現代のリハビリテーションは、障害があっても、残っている健常な心身の機能をとことん伸ばし、それを新しい能力にまで高め、1人の自立した人間としての新しい生活の確立をめざすのである。本書では、神経の再生や脳機能の再編成、あるいは心の立ち直りなどに関する新しい知見を応用して、人間の全面的な回復をはかろうとするリハビリテーション医学の最新の姿を紹介する。

目次

  • プロローグ 半身をなくした紳士
  • 1 新しい能力を開発する
  •   1.リハビリテーションとは失った機能を取り戻そうとすることではない
  •   2.文字は利き手でなくても書くことができる
  •   3.手を使っても「歩く」ことができる
  •   4.片手があれば、たいていのことはできる
  •   5.口で字を書く
  • 2 人間を助ける道具
  •   1.義足
  •   2.義手
  •   3.装具
  •   4.自助具
  •   5.車イス
  •   6.電動車イス
  •   7.自動車
  •   8.リモコンとコンピュータ
  • 3 使わない機能は退化する
  •   1.心身の機能は使わなければ退化する
  •   2.関節はなぜ固まるか
  •   3.筋肉自体も短くなる
  •   4.骨も使わないともろくなる
  •   5.床ずれも廃用症候群の1つ
  •   6.全身性廃用症候群
  •   7.そのほかの廃用症候群
  •   8.早期臨床の大切さ
  • 4 神経は再生する
  •   1.骨はどのくらい再生するか
  •   2.神経は再生する
  • 5 脳の機能の再編成
  •   1.神経細胞は再生しない
  •   2.回復のための第2の戦略――機能の再編成
  •   3.脳機能が回復する条件
  •   4.脳卒中のときの脳の冒され方
  •   5.真の機能再編成は1ヵ月後から
  •   6.ミクロのレベルでは何が起こるか?
  • 6 訓練はなぜ効果があるのか?
  •   1.他動運動で拘縮を防ぐ
  •   2.筋力を回復させるには――
  •   3.起立性低血圧の予防と回復
  •   4.中枢性麻痺の回復促進
  •   5.原始的な共同運動を強める訓練は有害
  • 7 精神の働きの復活
  •   1.日本語が外国語のようになってしまう失語症
  •   2.失行症と失認症――行為と認識の障害
  •   3.痴呆(ぼけ)をどう理解するか
  • 8 心の立ち直り
  •   1.障害をもつことによる心の痛みの本質
  •   2.障害の受容へのプロセス
  •   3.「障害の受容」をどのように援助するか
  • 9 最初から社会復帰を目標に
  •   1.復職と職業復

製品情報

製品名 リハビリテーション
著者名 著:上田 敏
発売日 1996年04月19日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-257117-3
通巻番号 1117
判型 新書
ページ数 244ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る