道具としての微分方程式

ブルーバックス
ドウグトシテノビブンホウテイシキ
  • 電子あり
道具としての微分方程式
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英語を勉強していて意味のわからない単語に出会ったとき、その単語を英国人が実際に使っている現場に行き、まねをして使ってみると、自ずと意味がわかってくることがよくあります。これは数学にも当てはまります。とかくむずかしいと敬遠されがちな微分方程式ですが、最初に全部を理解してから進もうとするのではなく、とにかく本書で著者のまねをして方程式をつくり、展開してみてください。


習うより慣れよ。道具は使ってこそ意味がある!
英語を勉強していて意味のわからない単語に出会ったとき、その単語を英国人が実際に使っている現場に行き、まねをして使ってみると、自ずと意味がわかってくることがよくあります。
これは数学にも当てはまります。とかくむずかしいと敬遠されがちな微分方程式ですが、最初に全部を理解してから進もうとするのではなく、とにかく本書で著者のまねをして方程式をつくり、展開してみてください。やがて、現実の現象をどうしたら方程式にのせることができるか、式の解き方も含めて、自然にわかってきます。すると、新しい視野が得られます。

目次

  • 1 フラックスから始めよう
  • 2 入りたまご消して出る
  • 3 サイコロキャラメルと千歳飴と飴玉
  • 4 ハイパーボリック・コサインをもっと大切に
  • 5 触媒いろいろ
  • 6 「○○な△△に、突然□□」ストーリー
  • 7 浄水器がこわれるとき
  • 8 「岩肌の塩をも溶かす流れかな」芭塩
  • 9 どろんこ落としたし、麦茶飲みたし
  • 10 マヘモ美しきアナロジー
  • 11 ジワジワ現象の算術のおさらい
  • 12 おまけのスイカ冷やし

製品情報

製品名 道具としての微分方程式
著者名 著:斎藤 恭一
発売日 1994年09月14日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-257037-4
通巻番号 1037
判型 新書
ページ数 202ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る