朝日新聞記者が書いた「アメリカ人が知らないアメリカ」

講談社+α文庫
アサヒシンブンキシャガカイタアメリカジンガシラナイアメリカ
朝日新聞記者が書いた「アメリカ人が知らないアメリカ」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

取材日数のべ1000日!43州200以上の街で見た「辺境」。アメリカ深奥部の奔流を見よ!
新聞に書けなかった真実

4年間の特派員時代に、のべ1000日を費やし、全米43州200以上の街で取材したルポの集大成!ネオコンと中道派のせめぎあいからではなく、底辺を支える「奇なる人々」からこそアメリカがわかる!評論家諸氏が絶讃し、ベストセラーになった『朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論』(講談社+α新書)に先駆けて出版した、地を這うような目線で捉えたアメリカ論、待望の文庫化!新聞では絶対に読めない「危ない話」「本当すぎる話」を満載!

製品情報

製品名 朝日新聞記者が書いた「アメリカ人が知らないアメリカ」
著者名 著:近藤 康太郎
発売日 2005年09月22日
価格 定価 : 本体686円(税別)
ISBN 978-4-06-256966-8
判型 A6変型
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’03年7月に小社から刊行されたものを、文庫収録にあたり再編集。