あるがままに生きる

講談社+α文庫
アルガママニイキル
  • 電子あり
あるがままに生きる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人が生きていく限り、さまざまな不安や悩みはあって当たり前。苦しみ、悩むだけでは精神は回復しない。
自らの神経質に悩む人は、その神経質を生かした生き方がある。「あるがまま」に受け入れ、やるべきことをやることだ。
患者の症例を多数あげながら、「心の主治医」が森田療法の実践を優しく説く、現代人必読の一冊!!

目次

  • 文庫版まえがき
  • まえがき
  • 第一講 強力な精神的エネルギー転換術として
  • 第一章 不安のない人間はいない
  • 第二講 調和を保って生きる
  • 第三講 人間の性格には両面がある
  • 第四講 素直に行動する
  • 第五講 目的をもって生きる
  • 第六講 行動本位に生きる
  • 第七講 自分を省みる生き方を
  • 第八講 一つの価値にとらわれず生きる
  • 第九講 気分の変動を行動に出さない生き方を
  • 第二章 他人、世間に関心をもっ

製品情報

製品名 あるがままに生きる
著者名 著:大原 健士郎
発売日 1997年05月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-256198-3
判型 A6
ページ数 326ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 1994年3月、小社より刊行

オンライン書店で見る