太陽と月の背徳(上)

講談社X文庫ホワイトハート
タイヨウトツキノハイトクジョウ
  • 電子あり
太陽と月の背徳(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「自身がどう見られているか、世間知らずな神官殿はまるでご存じないようだ」天帝の葬儀に参列するため、天帝の隠し子である莉央(りおう)を連れてラドルクに向かった美貌の神官・月花(げっか)は、途中でガルトの若き将軍・悠仁(ゆうじん)と再会する。かつては親密な時を過ごしたことがあったふたりだが、いまでは遠い存在である。だが、裏切りと策略が渦巻くなか、月花と悠仁の関係は大きく変化して!?


これは、禁じられた恋の物語。
神官は神のもの。それゆえに、誰とも契ってはならない。それは暗黙の決め事であったが……!?

「自身がどう見られているか、世間知らずな神官殿はまるでご存じないようだ」天帝の葬儀に参列するため、天帝の隠し子である莉央(りおう)を連れてラドルクに向かった美貌の神官・月花(げっか)は、途中でガルトの若き将軍・悠仁(ゆうじん)と再会する。かつては親密な時を過ごしたことがあったふたりだが、いまでは遠い存在である。だが、裏切りと策略が渦巻くなか、月花と悠仁の関係は大きく変化して!?

製品情報

製品名 太陽と月の背徳(上)
著者名 著:高岡 ミズミ 絵:水名瀬 雅良
発売日 2006年04月30日
価格 定価 : 本体580円(税別)
ISBN 978-4-06-255875-4
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る