風の万里 黎明の空(下) 十二国記

講談社X文庫ホワイトハート
ジュウニコクキ07カゼノバンリレイメイノソラジュウニコクキ
風の万里 黎明の空(下) 十二国記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

景王(けいおう)──陽子は、官吏(かんり)の圧政で多くの民が重税や苦役に喘いでいることを漸(ようや)く知り、己の不甲斐なさに苦悶していた。
祥瓊(しょうけい)は、父峯王(ほうおう)が、簒奪者(さんだつしゃ)に弑逆(しいぎゃく)されなければならないほど、国が荒(すさ)んでいることに気づかなかった自分を恥じていた。
鈴(すず)は、華軒(くるま)に轢(ひ)き殺された友・清秀(せいしゅう)の命を守れなかった自分に憤り、仇討ちを誓った。
──それぞれの苦難(かなしみ)を抱えた3人の少女たちの邂逅(であい)は、はたして希望(よろこび)の出発(はじまり)となるのか!?

製品情報

製品名 風の万里 黎明の空(下) 十二国記
著者名 著:小野 不由美 絵:山田 章博
発売日 1994年08月29日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-255178-6
判型 A6
ページ数 370ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス