風の海 迷宮の岸(下) 十二国記

講談社X文庫ホワイトハート
ジュウニコクキ04カゼノウミメイキュウノキシジュウニコクキ
風の海 迷宮の岸(下) 十二国記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

とてつもない妖(あやかし)と対峙(たいじ)した泰麒(たいき)は、、身動(みじろ)ぎもせず、その双眸(そうぼう)を睨み続けた。
長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は、「使令に下れ」。
異界(ここ)へ連れてこられても、転変(てんぺん)もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟(きりん)」であることを悟(さと)った!
しかし、この方こそ私がお仕(つか)えする「ただひとり」の王と信じる驍宗(ぎょうそう)を前に、泰麒には未だ、天啓(てんけい)はないまま。
ついに、幼い神獣が王を選ぶ──故郷(くに)を動かす決断の瞬間(とき)が来た!

製品情報

製品名 風の海 迷宮の岸(下) 十二国記
著者名 著:小野 不由美 絵:山田 章博
発売日 1993年04月12日
価格 定価 : 本体440円(税別)
ISBN 978-4-06-255120-5
判型 A6
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス