虚の聖域 梓凪子の調査報告書

文芸(単行本)
ウツロノセイイキアズサナギコノチョウサホウコクショ
  • 電子あり
虚の聖域 梓凪子の調査報告書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

☆☆☆島田荘司氏・知念実希人氏、絶賛!☆☆☆

女の本性は、最後の一行で明かされる――!

元警察官の著者が描く、元警察官の探偵・梓凪子。
扱う事件は、他人の聖域。

ーーーー
元警察官にして探偵・梓凪子に舞い込んだ依頼は最悪のものだった。

理由はふたつ。
ひとつは、捜査先が探偵の天敵とも言える学校であること。
もうひとつは、依頼人が、犬猿の仲である姉の未央子であること。

大喧嘩の末、凪子は未央子の息子・輝也の死を捜査することになる。
警察は自殺と判断したにもかかわらず、凶器をもった男たちに襲撃された凪子は、事件に裏があることを確信するが――。

責任を認めない教師、なにかを隠している姉、不可解な行動を繰り返す輝也の同級生――。
すべての鍵は、人々がひた隠しに守っている心のなかの“聖域”だった。
ーーーー
第10回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作

製品情報

製品名 虚の聖域 梓凪子の調査報告書
著者名 著:松嶋 智左
発売日 2018年05月17日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-221057-7
判型 四六
ページ数 306ページ
初出 この作品は、島田荘司選 第10回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作「魔手」を改題・加筆したものです。

著者紹介

著:松嶋 智左(マツシマ チサ)

1961年生まれ。大阪府枚方市在住。
2005年に北日本文学賞、2006年に織田作之助賞受賞。2017年、第10回福山ミステリー文学新人賞を受賞。

オンライン書店で見る