ヤイレスーホ

ヤイレスーホ
  • 電子あり
ヤイレスーホ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【対象:小学校高学年以上】
「天山の巫女ソニン」シリーズでニュー・ファンタジーの旗手としての地位を確立した菅野雪虫が、アイヌ神話をモチーフに描いた長編ビルドゥングスロマン『チポロ』。あのときの少年と少女、そして神々に、また会える!!

力も弱く、狩りも上手くはない少年・チポロと、姉のような優しさで彼の世話を焼く少女・イレシュ。魔物たちにさらわれたイレシュを救うために、、チポロは弓の腕を磨き、北のさいはての港町・ノカピラへと向った――。

これは、チポロがイレシュを取り戻した旅から、数年経った世界のお話。
あのときイレシュをさらい、彼女に触れたものを凍らせる魔力を与えた蛇の魔物・ヤイレスーホがこもる雪山の洞窟に、ぼろぼろの身なりをした少女が現れて言った。
「ねえ。あたしも、その『呪い』が欲しいんだ」
魔力を求める理由を少女・ランペシカから聞いたヤイレスーホは、少女を連れ、イレシュ、そしてチポロが暮らすコタン(村)へと向かう。
ヤイレスーホ、イレシュ、そしてチポロが、復讐心にとりつかれた少女に対して示した答えは何だったのか――。

「迷うこと」「つぐなうこと」「ゆるすこと」……。人が生きるうえでぶつかる、どうにもならない思いや感情を描ききった、たしかな児童文学の誕生!

目次

  • 序   ツルの神の語り
  • 一、  二人の神
  • 二、  眠る蛇
  • 三、  来訪者
  • 四、  ランぺシカの話・その一
  • 五、  ランぺシカの話・その二
  • 六、  ランぺシカの話・その三
  • 七、  ランぺシカに話・その四
  • 八、  ススハム・コタン
  • 九、  招かれざる客
  • 十、  普通の人間
  • 十一、おだやかな日々
  • 一二、姉と弟
  • 十三、再びノカピラへ
  • 十四、旅の道連れ
  • 十五、再会
  • 十六、裏切られた思い
  • 十七、迷い
  • 十八、願い

製品情報

製品名 ヤイレスーホ
著者名 著:菅野 雪虫
発売日 2018年06月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-221054-6
判型 四六
ページ数 272ページ

著者紹介

著:菅野 雪虫(スガノ ユキムシ)

1969年、福島県南相馬市生まれ。2005年、「ソニンと燕になった王子」で第46回講談社児童文学新人賞を受賞し、改題・加筆した『天山の巫女ソニン1 黄金の燕』でデビュー。同作品で第40回日本児童文学者協会新人賞を受賞した。「天山の巫女ソニン」シリーズは全5巻。他の著書に、本書の前作となる『チポロ』(講談社)、「女神のデパート」シリーズ、『女王さまがおまちかね』(ともにポプラ社)、『羽州ものがたり』(角川書店)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る