終活夫婦

シュウカツフウフ
  • 電子あり
終活夫婦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彬 「なあ、志乃、俺たち、夫婦で「”終活”しよう」と言ったこと一度もないよな」
志乃「そう、そう、いまだにない」

芸能界一の「おしどり夫婦」が着々と進めていた「今やるべきこと」は、
世の中では「終活」と呼ばれる活動だった!!

「不動産売却」「お墓を作る」「遺言状作成」「いらないモノを捨てる」……
この「中尾家の終活」を大公開とともに、団塊の世代が、
これからの時代をどのように「いきいき」と過ごせるか、
この本にはそのヒントが詰まっています!

©Akira Nakao,Shino Ikenami 2018

製品情報

製品名 終活夫婦
著者名 著:中尾 彬 著:池波 志乃
発売日 2018年04月27日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-221049-2
判型 四六
ページ数 192ページ

著者紹介

著:中尾 彬(ナカオ アキラ)

1942年、千葉県木更津生まれ。
日活ニューフェイスに合格後、フランス留学を経て、劇団
「民藝」に入団。1964年の映画『月曜日のユカ』で本格
デビュー。1975年『本陣殺人事件』で主役、
金田一耕助を演じ、その後は、大河ドラマや映画『極道の
妻たち』『ゴジラ』シリーズなど人気作品に出演。近年は
『アウトレイジ ビヨンド』や『龍三と七人の子分たち』など
北野武監督作品にも出演。また、バラエティー番組や
情報番組のコメンテーターとして幅広く活躍している。

著:池波 志乃(イケナミ シノ)

1955年、東京都西日暮里生まれ。
父は落語家十代目金原亭馬生、祖父は五代目古今亭志ん生という落語界の名門に生まれ、
俳優小劇場養成所を経て新国劇に入る。
1973年ドラマ「女ねずみ小僧」でデビュー。1974年NHK連続テレビ小説「鳩子の海」で注目され、
以降『悪魔の手毬唄』「鬼平犯科帳」など映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

オンライン書店で見る