草花・鉢花・観葉植物を 枯らさない「コツ」!

クサバナハチバナカンヨウショクブツヲカラサナイコツ
  • 電子あり
草花・鉢花・観葉植物を 枯らさない「コツ」!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

もうこれで枯らさない! 植物栽培に自信が持てる本 Chapter1 だれもが植物を枯らす、4つの原因と対策Chapter2 置き場所で考えよう 植物栽培のコツとアイデア Chapter3 季節ごとにコツがある! ガーデナーが教える栽培の工夫 Chapter4 栽培のポイントはここ! 上手に育てて花を咲かせる 樹木、バラ、クレマチス、クリスマスローズの栽培のコツも解説!


 花好きの人、植物好きの人は、誰でも「植物を育てたい」「花を咲かせたい」と思っています。でも、「以前に枯らしてしまった」「植物を育てる環境が悪い」「草花と向き合う時間がない」「植物を育てたことがない」「どう育ててよいのかわからない」といったことから、植物を育てることに躊躇することが多いようです。最初に植物栽培に失敗した人は、栽培に苦手意識をもち、次も枯らしてしまうのではないかと思いがちです。
 そこで、栽培初心者や、一度栽培に挫折した人、何度も枯らしてしまう人たち向けに、「これを読めば絶対に枯らさなくなる」、ベランダや室内の鉢物、庭のコンテナ、草花や庭木を育てるためのちょっとしたコツを紹介します。
 実は、すべての植物の育て方はほぼ同じで、グリーンフィンガーといわれる栽培名人は、このコツが体でわかっています。育てるのが苦手な人は、よかれと思って実は植物の命を危険にさらすことを毎日しているのです。
 本書では、栽培下手が冒しがちな4つの原因とその解決法のほか、素人が知らないプロのコツ、栽培環境ごとの注意点、個別の植物や成長過程での栽培テクニックを紹介します。
 たとえば、室内でよく観葉植物を枯らしてしまう人がいます。少し弱ったなと思ったら、透明なビニール袋をかけてあげるだけで、温度と湿度が保たれ、元気を回復しやすくなります。
 また、最近はいろいろなグッズがでています。だれもが戸惑う水やりは、保水グッズが販売されているので、土に混ぜるだけで多少水やりを忘れても枯らすことがなくなっています。土の乾湿計も販売され、過湿対策もできるようになっています。
 本書では、イラストや写真を交えて育て方をやさしくていねいに解説し、植物を枯らしてしまうかもしれない……という劣等感がなくなる1冊です。 草花、鉢花、観葉植物のほか、樹木、バラ、クレマチス、クリスマスローズの栽培のコツも解説しています。

目次

  • Chapter1 だれもが植物を枯らす、4つの原因と対策
  • Chapter2 置き場所で考えよう 植物栽培のコツとアイデア
  • Chapter3 季節ごとにコツがある! ガーデナーが教える栽培の工夫 
  • Chapter4 栽培のポイントはここ! 上手に育てて花を咲かせる

製品情報

製品名 草花・鉢花・観葉植物を 枯らさない「コツ」!
著者名 著:天野 麻里絵
発売日 2019年03月14日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220930-4
判型 A5
ページ数 144ページ

著者紹介

著:天野 麻里絵(アマノ マリエ)

東京農業大学地域環境科学部造園科学科卒業。豊田ガーデンが運営する「ガーデニングミュージアム 花遊庭」のヘッドガーデナー。樹木や草花の定番品種や最新品種を28のテーマガーデンで管理している。女性ならではの感性とやわらかでていねいな説明で人気がある。NHK「趣味の園芸」の講師として、テレビ、雑誌、各地での講演などでも活躍中。
著書・共著に、『小さくても素敵な花壇づくり』『決定版 自分でつくるおしゃれで小さな庭』(講談社)ほかがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る