九十八歳になった私

文芸(単行本)
キュウジュウハッサイニナッタワタシ
  • 電子あり
九十八歳になった私
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は2046年、東京大震災を生き延びた、独居老人で元小説家の「私」のもとを、「ボランティアのバーさん」やゆとり世代の50代編集者などさまざまな人たちが訪れる……。

生きるのは面倒くさいとボヤキつつ、人生の真実を喝破する、橋本流老人文学の傑作!

「人生は消しゴムのようなものだ。いくら使って消して行っても、使い切るということは起こらないのだ。」

「生きているだけで疲れる年頃なんだ。あーあ。」

【目次】
九十八歳になる私/九十八歳になった私/国会解散の巻/ロボット君の巻/病院に行ってましたの巻/女はこわいよの巻/プテラノドン退治の巻/九十九歳になっちゃうじゃないかの巻/メロンの娘の巻/たまには起こせよなんとかメントの巻/カナブンに寄せる思いの巻/死にそうでなぜ死なないの巻/人生は消しゴムだの巻

目次

  • 九十八歳になる私
  • 九十八歳になった私
  • 国会解散の巻
  • ロボット君の巻
  • 白紙の巻
  • 病院に行ってましたの巻
  • 女はこわいよの巻
  • プテラノドン退治の巻
  • 九十九歳になっちゃうじゃないかの巻
  • メロンの娘の巻
  • たまには起こせよなんとかメントの巻
  • カナブンに寄せる思いの巻
  • 死にそうでなぜ死なないの巻
  • 人生は消しゴムだの巻
  • あとがき

製品情報

製品名 九十八歳になった私
著者名 著:橋本 治
発売日 2018年01月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220914-4
判型 四六
ページ数 210ページ
初出 群像|短篇「九十八歳になる私」(2016年3月号)と、連載「九十八歳になった私」(2016年7月号~9月号・12月号・2017年2月号~4月号、2017年5月号~9月号より「九十九歳になった私」と改題)を長編小説として書籍化しました。

著者紹介

著:橋本 治(ハシモト オサム)

1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業。イラストレーターを経て、77年、小説『桃尻娘』を発表。以後、小説、評論、戯曲、エッセイ、古典の現代語訳など、多彩な執筆活動を行う。96年、『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、05年、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、08年、『双調 
平家物語』で毎日出版文化賞を受賞。

オンライン書店で見る