メンタルが強い親がやめた13の習慣

メンタルガツヨイオヤガヤメタ13ノシュウカン
  • 電子あり
メンタルが強い親がやめた13の習慣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

全米話題のセルフヘルプ、待望の続編! 「~すべき」というアドバイスを取り入れる前に、まず親自身の「悪い習慣」を捨て、子どもの「悪い習慣」も改めさせよう。部下の指導にも役立つ!


全米で話題のセルフヘルプ決定版、待望の続編!
「いい習慣」を取り入れる前に、まず親自身の「悪い習慣」を捨てよう。
メンタルが強い親になれば、最高の子育てができる。
わが子に「成功する人生」を歩ませるための、親と子の心の鍛え方。
【あなたもやっていませんか? 親がやめるべき13の習慣】
01 わが子に被害者意識を持たせる習慣
02 罪悪感で甘やかす習慣
03 わが子を世界の中心にする習慣
04 過保護になる習慣
05 わが子の言いなりになる習慣
06 完璧を期待する習慣
07 わが子の尻ぬぐいをする習慣
08 わが子を苦しみから守る習慣
09 わが子の機嫌を取る習慣
10 わが子の失敗を防ぐ習慣
11 しつけとお仕置きをはき違える習慣
12 とりあえずの解決に走る習慣
13 自分の価値観を手放す習慣
幼稚園児の親から25歳の子どもの親まで、役立つアドバイスを網羅!

【世界中で「べったり型の親と子」が増えている!】
ミシガン州立大学が行った調査によれば、大企業の32パーセントが「社員の親から連絡がある」と回答。企業の採用担当マネジャーの31パーセントが「親が子どもの代わりに履歴書を提出するのを見たことがある」と回答している。
いまや成人してからもずっと、「子育て」は続くのだ。

【あなたのまわりにもいる! 良かれと思って子どもの害になる親】
―子どもの失敗を防ごうとすべてを管理して指図する「ヘリコプター・ペアレント」
―SNSの影響で、ついまわりの親と張り合ってしまう親
―送り迎えや宿題のチェックなど、わが子のために尽くし過ぎる親

【あなたの子どもは大丈夫? 親に依存しすぎていない?】
―自立が辛くて、社会人になってから実家に戻ってくる「ブーメラン・チャイルド」
―ほめて育てる子育て方針で大量発生した、「自分が大好きな子ども」
―泣いたり叫んだり脅したりして、「親を支配する子ども」
わが子がつらい目に遭わないよう、親が一生、守ってやることはできない。でも、メンタルの力を鍛えるエクササイズを教えてやれば、子どもは自分で苦しみを乗り越え、強くなり、向上するチャンスをつかめる。

製品情報

製品名 メンタルが強い親がやめた13の習慣
著者名 著:エイミー・モーリン 訳:長澤 あかね
発売日 2018年04月25日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-220904-5
判型 四六
ページ数 394ページ

著者紹介

著:エイミー・モーリン(エイミー・モーリン)

メイン州のニューイングランド大学でソーシャルワークの修士号を取得。ハーバード大学のジャッジベーカーチルドレンセンターをはじめ、学校、コミュニティ、病院などでサイコセラピストとしてキャリアを積む。現在も子どもから大人までを対象にセラピーを行うと同時に、ノースイースタン大学の講師、複数の大学のサイコセラピストを務める。ウェブサイト「Verywell」では、子育てとしつけの専門家として、幼稚園児から10代までの子どもをもつ親へのアドバイスを提供。デビュー作『メンタルが強い人がやめた13の習慣』(邦訳:講談社)はベストセラーとなり、30ヵ国で出版された。ライターとして、心を強くする専門家として、「Forbes」「Psychology Today」などに寄稿。講演家としても人気を博し、TEDxのスピーチでも注目された。フロリダ州在住。

訳:長澤 あかね(ナガサワ アカネ)

関西学院大学社会学部卒業。広告代理店に勤務したのち、通訳を経て翻訳者に。訳書にダン・ライオンズ著『スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家』(講談社)、マーティン・ピストリウス、ミーガン・ロイド・デイヴィス著『ゴースト・ボーイ』(PHP研究所)、エイドリアン・トミネ著『キリング・アンド・ダイング』(国書刊行会)などがある。

関連シリーズ

おすすめの本

オンライン書店で見る