「旬」おかずで今日も元気!

講談社のお料理BOOK
シュンオカズデキョウモゲンキ
  • 電子あり
「旬」おかずで今日も元気!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「旬の食材」は、おいしくて、栄養豊富で、お買い得。
でも食品売り場には、年中同じ野菜が並んでいるように見えます。
「いつ、何を、どう食べればよい?」というお悩みに答えます!

ベテラン料理研究家の高城先生は、2014~15年にフジテレビ系『バイキング』のコーナー
「生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引網クッキング」に出演。
サンドウィッチマン相手に丁々発止のかけあいをしながら、その場で獲れた魚を料理する手際の良さと、
細かいことを気にしないユーモアあふれる人柄で注目を集めました。

両親を看取り、ひとり暮らしをするシニアとなった今も、おいしいものがあると聞けば駆けつける行動力の持ち主です。
本書では、「旬の食材」をこまめにとり入れたふだんの食事を、先生自身が撮影した写真とともにレシピを大公開。
無理な運動や食事制限ではなく、「春は苦い芽などを食べて、冬にたまった脂肪や老廃物を出す」など、
シンプルな食養生を実践することが、いつも元気でいられる秘訣だそうです。

「臨機応変に、なければないで工夫する」をモットーに、手軽なレシピを季節ごとに紹介します。
注目すべきは、「調理法」の多彩ぶり。
天ぷらが定番のふきのとうをキッシュにしたり、ご飯にも合う和風ラタトゥイユを作ったりと、
食べあきない工夫満載で、ひとり暮らしでも無駄にならない食材の生かし方が分かります。
「旬」をもっと知りたい、手軽に楽しみたいという人に最適な1冊!

目次

  • 第1章 春
  • 春を告げるふきのとうキッシュ、たけのこの楽しみあれこれ、
  • ひな祭りの根菜グラタン、山菜をしゃれた洋風料理に、
  • 年に一度の花山椒しゃぶしゃぶ、いろいろさや豆のサラダ、
  • 和洋中に合う野菜の甘酢漬け、山歩きとクレソン、
  • みそ風味のピザはお好き?、いつも同じスタイルの朝ごはん、
  • すり鉢いらずの白あえ、ときにはペルー料理で冒険を
  • コラム 「もったいない精神」レシピ
  • 第2章 夏
  • 夏バテ予防に新しょうがのスープ、アクアパッツアでひとり分の和献立、
  • ついでの焼きなす、いつでもあるトマトの謎、
  • 昔より使いやすくなったとうがん、レンチンかぼちゃが便利!、
  • ごはんに合う和風ラタトゥイユ、自家製塩こうじの野菜漬け、
  • 食欲不振には酢の物がいちばん!、きゅうりのヨーグルトスープ、
  • ズッキーニはかぼちゃの仲間、大阪の味・伏見とうがらし、
  • 夏こそ香味野菜をふんだんに、卵つゆそうめんはお助けメニュー、
  • 年明けと梅雨前には乾物整理
  • コラム 花束を長く楽しむコツ
  • 第3章 秋
  • 秋なすをとことん味わう、さんまの2番目においしい食べ方、
  • 一汁三菜はこうすれば大丈夫、何でも生春巻きでおもてなし、
  • きのこはミックスすべし、昔まつたけ、今エリンギ、
  • 里芋は体力回復におすすめ、フランスの甘くない煮豆カスレ、
  • 洋風もおいしいごぼう、風味のいい食用菊で酢の物を、
  • 意外と知らないさつま芋料理
  • コラム 小さな庭の楽しみ
  • 第4章 冬
  • 生で食べてほしい白菜サラダ、憧れの名古屋風おでん屋台、
  • バッター液で作るフライ2種、忙しいときの大根料理、
  • ぶりで1人分の鍋もの、きんかんとお肉で風邪予防、
  • ゆり根とみかんの新発見レシピ、ねぎと切りもちさえあれば、
  • いちばん寒い季節は聖護院大根を、葉つきかぶでおもてなし

製品情報

製品名 「旬」おかずで今日も元気!
著者名 著:高城 順子
発売日 2017年11月30日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220846-8
判型 A5
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社のお料理BOOK

著者紹介

著:高城 順子(タカギ ジュンコ)

料理研究家。大阪生まれの名古屋育ち。和・洋・中の料理に精通し、本格的な味を家庭で手軽に作れるレシピを提案。
おいしいものを求めて、国内から海外までひんぱんに旅する好奇心と元気の源は、旬の食材を使った食生活にあり。
明るい人柄と臨機応変な料理の腕前は、2014~15年に出演したフジテレビ系『バイキング』のコーナー
「生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引網クッキング」でも発揮された。
NHK「きょうの料理」「あさイチ」などのテレビや雑誌、講演など幅広く活躍している。著書多数。

オンライン書店で見る