フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985

フォークソングノトウキョウセイチジュンレイ1968-1985
  • 電子あり
フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新宿で小田和正と赤い鳥が出会い、
渋谷で忌野清志郎と仲井戸麗市と泉谷しげるが競演し、
三田で頭脳警察とはっぴいえんどと吉田拓郎がすれ違い、
四谷で南こうせつが喜多條忠に声をかけ、
高円寺で伊藤銀次が山下達郎を発見、
赤坂から荒井由実と石川セリと山崎ハコの歌声が流れる。

1960~80年代。フォークの時代。
ミュージシャンたちの若き日々。
事件と、伝説のライブと、名曲誕生の舞台を訪ねる。
東京生まれのフォーク少年が体験してきた、極私的フォーク論。

目次

  • 巻頭 フォークソングの東京MAP
  • 台東区山谷 1968年9月1日 東京のフォークはここから始まる
  • 新宿厚生年金会館 1969年11月2日 小田和正が、赤い鳥に衝撃を受けた日
  • 御苑スタジオ 1970年2月4日 岡林、はっぴいえんどを発見す!
  • 大田区蒲田・羽田 1970年3月 母の導きにより、鈴木慶一とあがた森魚が出会う
  • 渋谷 青い森1970年8月 清志郎、泉谷、古井戸の青春の日々
  • 日比谷野外音楽堂 1970年9月16日 ロックにおける日本語論争と「日本語のふぉーくとろっくのコンサート」
  • 武蔵野市吉祥寺 1971年7月 高田渡的吉祥寺の日常
  • 後楽園球場 1971年7月17日 GFR「嵐の後楽園球場コンサート」にモップスが出演
  • 慶應義塾大学三田キャンパス 1971年11月6日 知られざる「慶応三田祭事件」の真相  
  • 国立市 1972年2月5日 忌野清志郎の青春をたどる
  • 日本武道館 1972年4月22日 フォークの旗手は岡林から拓郎へ
  • 杉並区高円寺 1972年7月21日 高円寺2つの伝説、吉田拓郎「高円寺」とロック喫茶「ムーヴィン」
  • 福生市 1973年1月 大瀧詠一の福生ライフ始まる
  • 新宿区高田馬場 1973年9月20日 「神田川」の横町の風呂屋はどこか?
  • 文京公会堂 1973年9月21日 はっぴいえんど解散とシュガー・ベイブ登場
  • TBSラジオ 1974年8月 フォーク界に多大な貢献をした林美雄パック 
  • 原宿 ペニーレイン 1974年12月10日 全国から修学旅行生が殺到した拓郎ファンの聖地
  • 神田共立講堂 1975年4月12日 数多くの名コンサートが行われた聖地の中の聖地
  • 西立川駅 1975年6月20日 初期ユーミンが描く東京の西郊
  • 東京カテドラル聖マリア大聖堂 1978年11月1日 大聖堂に森田童子の歌声が響く
  • 木根川橋 1979年4月10日 さだまさし少年の見た葛飾の景色
  • 久保講堂 1980年4月5日 RCサクセション、復活を決定付けた熱狂のライブ
  • 国立競技場 1985年6月15日 音楽史に残る大イベントか、ニューミュージックの葬式か
  • 巻末 フォークソングの東京年表

製品情報

製品名 フォークソングの東京・聖地巡礼 1968-1985
著者名 著:金澤 信幸
発売日 2018年03月17日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220700-3
判型 四六
ページ数 192ページ

著者紹介

著:金澤 信幸(カナザワ ノブユキ)

フリー編集者。一九五五年、東京都に生まれる。法政大学社会学部を卒業後、編集プロダクション、雑誌編集部を経てフリーに。編集者として、広告から昭和という時代を描き出す『昭和広告六十年史』(講談社)、ネットデータベース以前のデータベース本『ぴあシネマクラブ』(外国映画版/日本映画版)1989-2008年版(ぴあ)、フォーク関係では、武田鉄矢が坂本龍馬、吉田拓郎が高杉晋作を演じた映画「幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬」のガイドブック『BOOK OF Ronin』『吉田拓郎ヒストリー1970-1993』(以上、ぴあ)などに携わる。著書に『バラ肉のバラって何?』『サランラップのサランって何?』(以上、講談社文庫)、『省略言葉辞典』(ネコ・パブリッシング)がある。中学の時に聴いたフォーク、特に吉田拓郎から大きな影響を受ける。最近はネットで古いフォーク・ロック関係の画像・音源を探し出すのを楽しみにしている。

オンライン書店で見る