監督の問題

文芸(単行本)
カントクノモンダイ
  • 電子あり
監督の問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

吉川英治新人文学賞受賞後第一作。プロ野球を引退したばかりの元スラッガー、宇恵康彦。彼が就任したのは連続最下位の新興チーム「新潟アイビス」の監督だった。上を見れば、短気ですぐに監督をクビにする若きオーナー。下を見れば、キャンプ中に若手を引き連れ朝帰りするベテラン投手。仲間であるはずのコーチたちにも諍いが……問題だらけの球団にルーキー監督が挑む!

目次

  • 第1話 ときは金なり
  • 第2話 やさしい言葉
  • 第3話 とく別な一勝
  • 第4話 鬼の謎かけ
  • 第5話 広報の恋
  • 第6話 祭りのあと

製品情報

製品名 監督の問題
著者名 著:本城 雅人
発売日 2017年07月26日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220664-8
判型 四六変型
ページ数 256ページ

著者紹介

著:本城 雅人(ホンジョウ マサト)

1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産経新聞社入社後、産経新聞浦和総局を経て、その後サンケイスポーツで記者として活躍。退職後、2009 年、『ノーバディノウズ』が第 16 回松本清張賞候補となり、デビュー。同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。2015年、『トリダシ』が第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補となる。2017年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞する。他の著書に『スカウト・デイズ』『球界消滅』『希望の獅子』『英雄の条件』『嗤うエース』など。

オンライン書店で見る