ネタ元

文芸(単行本)
ネタモト
  • 電子あり
ネタ元
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「やってやる。人生最高の特ダネを、
しっかり物にしてやる」

記者と刑事の会話は騙し合いだ――。
1964年、1972年、1986年、1996年、2017年。
時代とともに、事件記者と「ネタ元」の関係も変わる。
50年の変遷をひとつの新聞社を舞台に描いた、
著者にしか書けない新聞記者小説集。

目次

  • 「号外」
  • 「タブー」
  • 「好敵手」
  • 「ネタ元」
  • 「不拡散」

製品情報

製品名 ネタ元
著者名 著:堂場 瞬一
発売日 2017年07月26日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220658-7
判型 四六変型
ページ数 256ページ
初出 「号外」…『激動 東京五輪1964』所収、「タブー」…『ノスタルジー1972』所収「あるタブー」改題、「好敵手」…「インポケット」2016年12月号、「ネタ元」…「小説現代」2017年4月号、「不拡散」…書き下ろし。

著者紹介

著:堂場 瞬一(ドウバ シュンイチ)

堂場瞬一(どうば・しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。2015年、『警察回りの夏』で第36回吉川英治文学新人賞の候補となる。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで意欲的に作品を発表し続けている。著書に「警視庁犯罪被害者支援課」「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「捜査一課・澤村慶司」の各シリーズのほか、『八月からの手紙』『傷』『複合捜査』『誤断』『黄金の時』『Killers』『バビロンの秘文字』『社長室の冬』『錯迷』『犬の報酬』など多数。

オンライン書店で見る