中国語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本

チュウゴクゴトニホンゴデショウカイスルスシネタノサカナガワカルホン
  • 電子あり
中国語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寿司ネタの魚介別に基本データから味や調理法などの特徴など、寿司好きなら知っておきたい情報をまとめた寿司好きの必携書。見せ方は見開きで味や形がよく似たもの2魚種ずつ58魚種を4Cで寿司や魚の写真で構成し、次の1C見開きで日本語と中国語でわかりやすく解説します。

目次

  • はじめに
  • 本書の見方
  • 小肌 こはだ kohada
  • 新子 しんこ shinko
  • 鰺 あじ aji
  • 鯖 さば saba
  • 細魚 さより sayori
  • 春子 かすご kasugo
  • 秋刀魚 さんま sanma
  • 鰯 いわし iwashi
  • 鱚 きす kisu
  • 真子鰈 まこがれい makogarei
  • 鯛 たい tai
  • 平目 ひらめ hirame
  • 鱸 すずき suzuki
  • 伊佐木 いさき isaki
  • 皮剥 かわはぎ kawahagi
  • 金目鯛 きんめだい kinmedai
  • ノルウェーサーモン noruwei samon
  • トラウト trauto
  • 鰤 ぶり buri
  • 平政 ひらまさ hiramasa
  • 間八 かんぱち kanpachi
  • 縞鰺 しまあじ shima-aji
  • 本鮪 ほんまぐろ 赤身 honmaguro akami
  • 本鮪 ほんまぐろ 中トロ honmaguro chutoro
  • 本鮪 ほんまぐろ 大トロ honmaguro otoro
  • 鮪 まぐろ ねぎトロ maguro negitoro
  • 南鮪 みなみまぐろ minami maguro
  • 目鉢 めばち mebachi
  • 鬢長 びんなが binnaga
  • 黄肌 きはだ kihada
  • 鰹 かつお katsuo
  • 鰹 かつお あぶり katsuo aburi
  • 墨烏賊 すみいか sumi-ika
  • 新烏賊 しんいか shin-ika
  • 赤烏賊 あかいか aka-ika
  • 泥障烏賊 あおりいか aori-ika
  • 槍烏賊 やりいか yari-ika
  • 鯣烏賊 するめいか surume-ika
  • 蛸 たこ tako
  • 水蛸 みずだこ mizudako
  • 車海老 くるまえび kuruma-ebi
  • 甘海老 あまえび ama-ebi
  • 鮑 あわび awabi
  • 蛤 はまぐり hamaguri
  • 赤貝 あかがい akagai
  • 青柳 あおやぎ aoyagi
  • 鳥貝 とりがい torigai
  • 北寄貝 ほっきがい hokkigai
  • 平貝 たいらがい tairagai
  • 帆立貝 ほたてがい hotategai
  • 本海松 ほんみる honmiru
  • 白海松貝 しろみるがい shiro-mirugai
  • 馬糞海胆 ばふんうに bafun-uni
  • 紫海胆 むらさきうに murasaki-uni
  • いくら ikura
  • 数の子 かずのこ kazunoko
  • 穴子 あなご anago
  • 蝦蛄 しゃこ shako―他―

製品情報

製品名 中国語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本
著者名 著:野村 祐三 訳:講談社(北京)文化有限公司
発売日 2017年05月26日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220572-6
判型 四六
ページ数 128ページ

著者紹介

著:野村 祐三(ノムラ ユウゾウ)

野村祐三(のむら ゆうぞう)
昭和20年、中国太原市生まれ。フリーランスライターとして全国の漁師を取材し、地魚料理、漁業、食全般の記事を各誌に寄稿している。主な著書は『ブランド魚入門』『寿司ネタの通になる』(祥伝社)、『東北さかな紀行』(無明舎出版)、『旬のうまい魚を知る本』『島に行ってうまい魚を食う本』(東京書籍)、『豪快にっぽん漁師料理』(集英社)、『旬を楽しむ地魚料理の本』(講談社)、食生活ジャーナリストの会会員。

おすすめの本

オンライン書店で見る