フェラルズ 2 黒き群れの襲来

フェラルズ2クロキムレノシュウライ
フェラルズ 2 黒き群れの襲来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

〈フェラル〉とは、動物と意思を通わせることができ、彼らを自在に操れる能力者――。一子相伝のその能力は、ある者たちには能力を持たぬ人間たちを支配する欲をもたらし、また、ある者たちには均衡と平和を強く希求する心をもたらした。そして、彼らの間に生まれた深い溝は、“ダークサマー”と呼ばれる、最悪の連続犯罪のかたちでブラックストーンの街を襲ったのだった――。
忌まわしき夏の終わりから8年後のブラックストーンを舞台に、この物語は始まる。

〈カラスのフェラル〉、コーは、『死者の国』からの復活を目論んでいた〈クモのフェラル〉、スピニング・マンを倒し、元の世界へと帰還した。彼は、母からフェラルの能力を受け継がれた自らの過去を知るために、5歳まで両親と暮らしていた家に忍び込む。そこで出逢ったのは、ひとりのやせっぽちの少女・セリナ。そして、黒い石をコーにたくした、奇妙な老人だった……。
謎を秘めたミッドナイト・ストーンが引き寄せたのは、新たなる戦いだった。蛾、そしてドブネズミを操るフェラルに襲われ、まだ見ぬ脅威を感じたコー。街の平和を重んじるフェラルたちは形勢逆転のために集結し、反撃に転じようとするが……。
ミッドナイト・ストーンを狙う連中の背後に潜むのは、スピニング・マンをもしのぐ能力と狡猾さを秘めた、強大な女王。戦いの中で、コーは、自身に受け継がれた〈カラスのフェラル〉の血の重さと、石が持つ、あまりにも危険な力を知る――。
さまざまな獣や蟲を操る〈フェラルズ〉が、あなたの生理的感覚を脅かす! 異能力バトル第二弾、ついに開幕!!

目次

  • 1 白い顔の男
  • 2 フェラルの掟
  • 3 告別式
  • 4 シルクとピンカートン
  • 5 “ミッドナイト・ストーン”
  • 6 裏切り者
  • 7 石の秘密
  • 8 復讐
  • 9 侵入
  • 10 ハエの女王
  • 11 敗北
  • 12 墜落
  • 13 チャンス復活
  • 14 クエーカーの伝言
  • 15 墓地の地下
  • 16 時の海へ
  • 17 乱闘
  • 18 裏切りの代償
  • 19 一騎打ち
  • 20 覚悟しろ
  • 21 母と娘
  • 22 動物園
  • 23 病院

製品情報

製品名 フェラルズ 2 黒き群れの襲来
著者名 著:ジェイコブ・グレイ 訳:岡田 好惠
発売日 2017年03月16日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220482-8
判型 四六
ページ数 352ページ

著者紹介

著:ジェイコブ・グレイ(ジェイコブ・グレイ)

覆面作家で、アメリカのある大都市に在住。物語の筋を空想しながら、深夜の都会を歩き回るのが趣味。
動物(とくにカラス)が大好きで、よく話しかけるが、コーのようにカラスと話せるかどうかは内緒だという。

訳:岡田 好惠(オカダ ヨシエ)

静岡県生まれ。青山学院大学仏文科卒。訳書に、「デルトラ・クエスト」シリーズ(岩崎書店)、「魔法の国のバレリーナ」シリーズ(学研)、「ティーン・パワーをよろしく」シリーズ(講談社)、『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか 時代を変えたフレネルレンズの軌跡』(講談社ブルーバックス)など多数。著書に、『アインシュタイン――科学の巨人』(講談社火の鳥伝記文庫)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス