ヨーコさんの“言葉” わけがわからん

ヨーコサンノコトバワケガワカラン
ヨーコさんの“言葉” わけがわからん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大好評! NHKの人気番組「ヨーコさんの“言葉”」ついに第3弾刊行! 
300万部突破、大ベストセラー絵本『100万回生きたねこ』の著者、佐野洋子さんによるエッセイは、痛快で心を貫く言葉であふれています。ヨーコさんの世界観にぴったりだと大好評の北村裕花さんの250点近いイラストも、オールカラーで収録。

第1話の「神の手」は、芸術家やテニス選手のような神の手を持つ人と凡人の差を、意外な視点から分析。第2話「言葉」では、芸能人から詩人、ヨーコさん本人まで、別れの言葉のオンパレード。本作を読むと、別れの言葉はそんな軽々しく言ってはいけないと思うはず。第5話は「うるさいわね」。母子の関係は今やきれいごとが取り払われ、毒親呼ばわりされる始末。そんなヨーコさんも母親への憎悪を赤裸々に綴る。がしかし意外な結末が。表題作の「わけがわからん」はヨーコさんの夫婦観。ヨーコさんがあっと驚く1+1じゃない夫婦の絆が語られる。バッグ選びで一生後悔するヨーコさんがいる第6章の「私はどちらも選べなかった」。そして第9章では、ヨーコさんの人生の終い方が描かれます。 

第1作、第2作で寄せられた読者のみなさんの感想には、「友人や肉親に広めて、みんな、感動」「なんて奥が深いの」「重いテーマでも前向きなので楽しく読める」などがあり、あらためて本を味わって感じた思いが届いています。

目次

  • その1 神の手
  • その2 言葉
  • その3 カラオケセットと井戸端会議 
  • その4 お月さま
  • その5 うるさいわね
  • その6 私はどちらも選べなかった
  • その7 真二つの結婚
  • その8 わけがわからん
  • その9 二〇〇八年冬

製品情報

製品名 ヨーコさんの“言葉” わけがわからん
著者名 文:佐野 洋子 絵:北村 裕花 監:小宮 善彰
発売日 2017年01月26日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220461-3
判型 A5
ページ数 176ページ
初出 本書は、NHKの番組「ヨーコさんの“言葉”」を書籍化したものです。収録作品の出典は以下の通り。「神の手」…『あれも嫌い これも好き』(朝日文庫)、「二〇〇八年冬」…『役にたたない日々』(朝日文庫)、「言葉」…『がんばりません』(新潮文庫)、「うるさいわね」…『ふつうがえらい』(新潮文庫)、「カラオケセットと井戸端会議」「真二つの結婚」…『覚えていない』(新潮文庫)、「お月さま」「わけがわからん」…『問題があります』(ちくま文庫)、「私はどちらも選べなかった」…『私はそうは思わない』(ちくま文庫)。

著者紹介

文:佐野 洋子(サノ ヨウコ)

さの・ようこ――1938年、中国・北京で生まれ、終戦後、日本に引き揚げました。1958年、武蔵野美術大学に入学。1966年、ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶため渡欧。著書の絵本では、ロングセラーとなった『100万回生きたねこ』(講談社)や第8回講談社出版文化賞絵本賞を受賞した『わたしのぼうし』(ポプラ社)ほかがあります。童話にも、『わたしが妹だったとき』(偕成社)第1回新美南吉児童文学賞受賞作などがあり、そのほかに『ふつうがえらい』(新潮文庫)をはじめとするエッセイも執筆、『神も仏もありませぬ』(ちくま文庫)では第3回小林秀雄賞を受賞しました。2003年、紫綬褒章受章。2010年、永眠。享年72。

絵:北村 裕花(キタムラ ユウカ)

きたむら・ゆうか――1983年、栃木県に生まれました。多摩美術大学を卒業。2011年、絵本作家としての初期作品『おにぎりにんじゃ』が第33回講談社絵本新人賞佳作に。そのほか絵本には、『くれよんが おれたとき』(くもん出版)、『かあちゃん えほんよんで』(絵本塾出版)ともに文章はかさいまり、『いけいけ! しょうがくいちねんせい』(中川ひろたか作、小学館)などがあります。

監:小宮 善彰(コミヤ ヨシアキ)

こみや・よしあき――NHK広報局制作部 チーフ・プロデューサー

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス