おけいすし 江戸前にこだわる「寿司屋ばなし」

講談社の実用書
オケイスシエドマエニコダワルスシヤバナシ
  • 電子あり
おけいすし 江戸前にこだわる「寿司屋ばなし」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

高倉健、美空ひばり……伝説の著名人たちも愛した江戸前寿司の本髄とは。世界にひとつだけの、鈴正流粋なおもてなしとツケ場ばなし

目次

  • “北極星”のような店 秋元 康
  • 第1章 かけがえのない出会いが育てた「おけいすし」
  • 第2章 「おけいすし」世界にひとつの味の流儀
  • 第3章 「おけいすし」理想の寿司の“風姿花伝”
  • 第4章 “鈴政流”職人修業と経営の極意
  • 第5章 「いらっしゃい」から始まる一期一会のとき
  • おわりに “世界でひとつ”をめざし、日々精進

製品情報

製品名 おけいすし 江戸前にこだわる「寿司屋ばなし」
著者名 著:鈴木 正志
発売日 2016年10月14日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220198-8
判型 四六
ページ数 228ページ

著者紹介

著:鈴木 正志(スズキ マサシ)

神宮前・江戸前寿司屋「おけいすし」親方。
19歳で宮城より上京後、寿司屋の門を潜る。銀座の名店「美よし」などでの修業後、31歳で藤田嗣治の弟子である高沢圭一に見出され、「おけいすし」の親方に。数々の著名人や芸能人も訪れる名店に築き上げる。

オンライン書店で見る