奥さまは発達障害

講談社の実用書
オクサマハハッタツショウガイ
  • 電子あり
奥さまは発達障害
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、膠原病という難病を抱え、発達障害の人が直面する様々な困難と向き合う著者の「日常」を綴ったコミックエッセイです。

40代になって発達障害(アスペルガー症候群、ADHD)を宣告された、さかもと未明氏と宣告をした発達障害臨床の第一人者、星野仁彦先生が、「発達障害の真実」に迫ります。

発達障害と診断されるまで。診断されてから薬物療法や心理療法と取り組みながら、日常をどう過ごしていくのか――世間を騒がせた、「不倫裁判」や「JAL事件」についても赤裸々に描きます。

「空気が読めない人」「困った人」「非コミュ」……そんな社会問題の背景として、近年、ごく身近な問題となった「大人の発達障害」について、著者の体験を通じて理解を深める一冊です。

目次

  • 「片づけられない私」汚部屋で絶望する
  • 星野仁彦先生と会う
  • 発達障害って?
  • 兄ちゃんのこと その1
  • 兄ちゃんのこと その2
  • 裁判、そして……
  • 薬局&新幹線で大暴れ
  • 心理テスト結果
  • 発達障害について知る
  • 夫婦で発達障害について学ぶ
  • お金の管理は難しい
  • フランス逃避行
  • ラブライフ再出発
  • アートのヒーリング効果

製品情報

製品名 奥さまは発達障害
著者名 著:さかもと 未明 監:星野 仁彦
発売日 2016年11月18日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220150-6
判型 A5
ページ数 194ページ

関連シリーズ

オンライン書店で見る