走り方で脳が変わる!

ハシリカタデノウガカワル
  • 電子あり
走り方で脳が変わる!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

走ることを通して「自分の人生を作り上げてきた」脳科学者・茂木健一郎さんが、最新の脳科学からわかったこと&自ら実践・体得してきたランニングの驚くべき効用を語りつくします。
毎日走るようになれば、「いま感じている限界」のずっと向こうまで自分の可能性が広がります。やる気になる、継続できる、あなたの人生を変えるたったひとつの習慣。それがランニングです。マインドフルネスの入門にも最適です。

目次

  • はじめに 48歳でむかえたターニングポイント
  • 第1章 わかってきた! ランニングの脳への効用
  •    脳は体の一部。体を鍛えることで脳も鍛えられる
  •    ランニング中の脳の状態、「デフォルト・モード・ネットワーク」とは
  •    走ることで脳を鍛えていた開拓者たち
  •    足を使って移動することで脳の地図が書き換わる
  •    走ることで認知症も予防できる
  • 第2章 仕事力アップに、ランニングがもたらすメリット
  •    朝ランをする前は血圧が180まで上がっていた
  •    今も「挑戦しよう!」と思えるのは、走っているから
  •    「新しく始める力」が身につく
  •    「続ける力」「集中する力」が身につく
  •    「フロー状態」に入りやすくなる
  •    ランニングは「ストレス耐性を上げる筋トレ」
  • 第3章「めんどうくさい」から「走りたい」へ、ランニングを習慣にする
  •    飛行機は、離陸するのがいちばん大変
  •    自分だけのお気に入りランニングコースを見つける
  •    ランニングアイテムの簡単ケア。靴も洗濯機で洗う
  •    形にこだわらなくていい。そのままの自分で走りだす
  •    自分と対話するための「ひとりラン」
  •    ランニングアプリで、走りの楽しみがさらに増した
  • 第4章 ランニングをもっと楽しく!「旅ラン」& フルマラソン
  •    「旅ラン」の発見は、人生における革命だった
  •    「旅ラン」と朝ランの大きな違い
  •    10年越しで達成したフルマラソン完走
  •    マラソンでしか味わえない体験
  •    走ることで、人の個性がクリアに見えてくる
  • 第5章 ランニングでマインドフルネスを体験しよう
  •    グーグル社員も実践している「マインドフルネス」
  •    瞑想よりも簡単な「ランニング禅」
  •    走ることで「脳をマッサージ」する
  •    今、なぜマインドフルネスが注目されているのか
  • 第6章 走るとは人生そのもの
  •    ランニングとは「態度」である
  •    ランナーの孤独を噛みしめる
  •    人生の終わりは、マラソンのゴールに似ている
  • おわりに あなたの人生は変わり始める

製品情報

製品名 走り方で脳が変わる!
著者名 著:茂木 健一郎
発売日 2016年06月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220058-5
判型 四六
ページ数 176ページ

著者紹介

著:茂木 健一郎(モギ ケンイチロウ)

1962年、東京都に生まれる。脳科学者、理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学の研究員を経て現在はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。「クオリア」=感覚の持つ質感をキーワードに「脳と心の関係」を研究している。2005年に小林秀雄賞、2009年に桑原武夫学芸賞を受賞。著書には『脳とクオリア』(日経サイエンス)、『心を生みだす脳のシステム』(NHK出版)、『ひらめき脳』(新潮新書)ほか。2015年刊では『結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方』(学研)、『頭は「本の読み方」で磨かれる』(三笠書房)などがある。

オンライン書店で見る