さらば白人国家アメリカ

サラバハクジンコッカアメリカ
  • 電子あり
さらば白人国家アメリカ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「二大政党の将来がどうなるかはわからない。ただ言えるのは、アメリカが白い肌に青い目で英語を話す人々の国だった時代は、確実に終わるということだ」――トランプ対ヒラリー、史上最悪の大統領選が暴いた大国の黄昏。在米の人気コラムニスト町山智浩氏が、党大会、演説集会をはじめ各地の「現場」で体感したサイレント・マジョリティの叫び!


「二大政党の将来がどうなるかはわからない。ただ言えるのは、アメリカが白い肌に青い目で英語を話す人々の国だった時代は、確実に終わるということだ」――トランプ対ヒラリー、史上最悪の大統領選が暴いた大国の黄昏。在米の人気コラムニスト町山智浩氏が、党大会、演説集会をはじめ各地の「現場」で体感したサイレント・マジョリティの叫び!
1980年に人口の8割を占めた白人は、現在62%。やがて白人が人口の半分を割り、マイノリティへと転落する日がやってくる。白人たちのアイデンティティ・クライシスは、アメリカをどこに向かわせるのか!? シンクタンク、全米ライフル協会、アンチ人工中絶、スーパーPACと最高裁、肥満と大企業……「アメリカを操ってきたもの」たちの暴走と矛盾に斬りこむスーパーコラム。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 アメリカ機能停止
  • 第2章 大麻と肥満と暴力警察
  • 第3章 トランプの予備選無双
  • 第4章 トランプ旋風の正体
  • エピローグ

製品情報

製品名 さらば白人国家アメリカ
著者名 著:町山 智浩
発売日 2016年10月29日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-220024-0
判型 四六
ページ数 386ページ
初出 本書は月刊誌・ウェブマガジン「クーリエ・ジャポン」の連載「USニュースの番犬」(2012年12月~2016年8月執筆)をもとに大幅に加筆・修正をしてまとめたものです。なお、プロローグは「文藝春秋」(2016年5月号)、「トランプを作った父、ブキャナン、プロレス」は「Wedge」(2016年7月号)、「サイレント・マジョリティと犬笛政治」は「婦人公論」(2016年7/26号)に掲載のエッセイを加筆・修正、また改題したものです。

著者紹介

著:町山 智浩(マチヤマ トモヒロ)

1962年、東京生まれ。コラムニスト,映画評論家。カリフォルニア州バークレー在住。著書に『トランプがローリングストーンズでやってきた 言霊USA2016』(文藝春秋)、『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで』(集英社)など。「クーリエ・ジャポン」「週刊文春」など連載も多数。

オンライン書店で見る