ミッドナイト・ジャーナル

文芸(単行本)
ミッドナイトジャーナル
  • 映像化
  • 受賞作
ミッドナイト・ジャーナル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

記者たちの熱意、それだけに徹した三百六十七ページ。――宮部みゆき(読売新聞4/17刊)入魂の書である。――星野智幸(朝日新聞4/10刊)面白さも完成度も『クライマーズハイ』に匹敵する傑作。――北上次郎(「読楽」3月刊)誤報を打ち飛ばされた3人の記者。その七年後、児童連続誘拐事件が発生。さいたま支局の豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、独自に取材を開始する。


記者たちの熱意、それだけに徹した三百六十七ページ。――宮部みゆき(読売新聞4/17刊)
入魂の書である。――星野智幸(朝日新聞4/10刊)
面白さも完成度も『クライマーズハイ』に匹敵する傑作。――北上次郎(「読楽」3月刊)
熱気がある、ユーモアがある、独特の軽快さがある。今年の本命作登場だ。――温水ゆかり(
「GINGER」4月号)
マスコミ不信、警察不信が声高に叫ばれる今こそ読まれるべき、正義と情熱の物語。本城雅人は、この一冊を書くために作家になった。――吉田大助

「被害者女児死亡」――世紀の大誤報を打ち、飛ばされた3人の記者。その七年後、児童連続誘拐事件が発生。さいたま支局の関口豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、東京本社の藤瀬祐里は豪太郎の応援に合流し、整理部員となった松本博史は二人を静観する。間違っているのかもしれない。無意味なのかもしれない。しかし豪太郎は諦めない。タネを撒き、ネタに育て、真実を獲得するため、今日も真夜中に動き出す。
特別な結果を出すのは、いつだって、本気の人間だ。

製品情報

製品名 ミッドナイト・ジャーナル
著者名 著:本城 雅人
発売日 2016年02月24日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219899-8
判型 四六変型
ページ数 370ページ

著者紹介

著:本城 雅人(ホンジョウ マサト)

1965年、神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産業経済新聞社に入社し、「サンケイスポーツ」の記者としてプロ野球、競馬、メジャーリーグ等を取材。退職後、2009年に『ノーバディノウズ』(文藝春秋)が第16回松本清張賞候補となり、同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。代表作に『スカウト・デイズ』(PHP研究所)、『嗤うエース』(幻冬舎)、『オールマイティ』(文藝春秋)、『シューメーカーの足音』(幻冬舎)『球界消滅』(文藝春秋)『サイレントステップ』(新潮社)『トリダシ』(文藝春秋)などがある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
【インタビュー動画】吉川英治文学新人賞受賞作家・本城雅人の最新作『時代』! 元スポーツ記者が描く、ジャーナリズムと親子の物語。“時代”というキーワード隠された、濃い人間ドラマと男達の時間!タイトルに込めた思い、強烈な登場人物・伊場の存在意義とは?
産経新聞社入社後、産経新聞浦和総局を経て、その後サンケイスポーツで記者として活躍していた本城さん。退職後、2009 年、『ノーバディノウズ』が第 16 回松本清張賞候補となり、デビューを果たす。また、同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。2015年、『トリダシ』が第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補となる。さらには2017年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞する。他の著書に『スカウト・デイズ』『球界消滅』『希望の獅子』『英雄の条件』『嗤うエース』などがある。本作は、スポーツ紙で働く記者・笠間に、販売部への辞令が下ったところから始まる。記者職への断ち切れない思いを抱えながらも、それまでの人脈を活かし、販売部でも存在感を発揮し始める。だが会社の根幹を揺るがす事件を解決した矢先、悲劇が彼を襲う。一方、新聞社で忙しく働く父との関係に悩む長男の翔馬と次男の翼の人生もまた、大きな岐路に立たされていた――。元スポーツ記者が描く、時代を駆け上がった親子三人とジャーナリズムの織りなす新しくも壮大な物語である。
映像化
TVドラマ|「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」 2018年3月30日(金)21:00~ テレビ東京にて放送! 藤瀬祐里役は、3年ぶりのドラマ出演となる上戸彩が決定!
原作:『ミッドナイト・ジャーナル』
著:本城雅人

テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」
出演:竹野内豊、上戸彩、寛一郎、小日向文世、松重豊、升毅、木下ほうか、朝加真由美、徳重聡、水沢エレナ、松尾諭、水谷果穂 ほか
受賞作
『ミッドナイト・ジャーナル』…第38回吉川英治文学新人賞受賞 (2017.03.03)
特集・レビュー
新聞記者はなぜ必要か? 「究極の知力と精神力」を追体験できる傑作。読者・書店員 絶賛!
特集・レビュー
「「生身の極限まで真実を追う」記者人生のすべてを賭けた最高傑作!」
特集・レビュー
記者はなぜ必要か?「究極の知力と精神力」を追体験できる傑作【読者・書店員 絶賛】
http://news.kodansha.co.jp/20160215_b01

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス