近いはずの人

文芸(単行本)
チカイハズノヒト
  • 電子あり
近いはずの人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

同い年の妻が事故で死んだ。それから3ヵ月、心が動かない。北野は亡き妻の鍵のかかった携帯電話に、4ケタの数字を順番に打ち込むだけの毎日を過ごしていた。ついにロックの解けた携帯には、妻の秘密が残されていた。4年間を一緒に過ごした女性のことを、僕は何も知らなかったのかもしれない――北野俊英、33歳。喪ってから始まる、妻の姿を追いかける旅。


同い年の妻が事故で死んだ。それから3ヵ月、心が動かない。

北野は亡き妻の鍵のかかった携帯電話に、4ケタの数字を順番に打ち込むだけの毎日を過ごしていた。
ついにロックの解けた携帯には、妻の秘密が残されていた。
4年間を一緒に過ごした女性のことを、僕は何も知らなかったのかもしれない――

北野俊英、33歳。喪ってから始まる、妻の姿を追いかける旅。

目次

  • 「後退の九月」
  • 「懐胎の十月」
  • 「携帯の十一月」
  • 「重体の十二月」
  • 「倦怠の一月」
  • 「招待の二月」
  • 「敵対の三月」
  • 「停滞の四月」
  • 「忍耐の五月」
  • 「進退の六月」

製品情報

製品名 近いはずの人
著者名 著:小野寺 史宜
発売日 2016年02月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219880-6
判型 四六
ページ数 288ページ

著者紹介

著:小野寺 史宜(オノデラ フミノリ)

小野寺史宜(おのでら・ふみのり)
1968年、千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。2008年『ROCKER』で第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。著書に『カニザノビー』『みつばの郵便屋さん』『転がる空に雨は降らない』『牛丼愛 ビーフボウル・ラヴ』『それは甘くないかなあ、森くん。』『ホケツ!』『その愛の程度』『ひりつく夜の音』などがある。

オンライン書店で見る