7分間でゾッとする7つの話

7フンカンデゾットスル7ツノハナシ
  • 電子あり
7分間でゾッとする7つの話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 星新一ショートショートコンテスト出身の童話作家山口タオによる、短編ホラー7編です。
 いま特に人気のある、怖い話。でもこの本には、残酷だったりグロテスクな場面は出てきません。ちょっと背筋がゾクッとする。そして、なんだか心にのこる--。そんな7編の<さわやかホラー>です。
 朝の読書にも最適。
(絵・クボ桂汰)

全7話
「まあだだよ」
「ハルという妹」
「入り江の底で」
「魔法の靴」
「変身」
「ひびわれたフルート」
「タスケテ」

※小学5年以上漢字にルビ付き

目次

  • プロローグ
  • 第1話 まあだだよ
  • 第2話 ハルという妹
  • 第3話 入り江の底で
  • 第4話 魔法の靴
  • 第5話 変身
  • 第6話 ひびわれたフルート
  • 第7話 タスケテ
  • エピローグ

製品情報

製品名 7分間でゾッとする7つの話
著者名 著:山口 タオ
発売日 2015年07月08日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-219599-7
判型 四六
ページ数 136ページ
初出 この作品は、月刊誌「ちゃぐりん」(家の光協会)に掲載された5話をもとにして、新たな構想でまとめたものです。

著者紹介

著:山口 タオ(ヤマグチ タオ)

兵庫県生まれ。東京大学工学部都市工学科卒。星新一ショートショートコンテスト最優秀作受賞。作品に、『もしも日本人がみんな米つぶだったら』(講談社)、「のらねこソクラテス」シリーズ、『ことばかくれんぼ』(いずれも岩崎書店)など。東京新聞に、1コマ漫画「大江戸ことわざ珍百景」を連載中(絵・田丸芳枝)。東京都在住。

オンライン書店で見る