死ぬまで健康でいられる5つの習慣

シヌマデケンコウデイラレルイツツノシュウカン
  • 電子あり
死ぬまで健康でいられる5つの習慣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

たいせつな人に伝えたい、一生、死なない習慣。本書は、脳神経外科専門の救急外来で腕を磨いた脳神経外科医ならではの知識と経験をベースに伝える「死なないカラダをつくる」ための教科書です。死ぬまで健康でいるために必要な、人生の目的の立て方、病気にならない生活習慣、体も心も若返る容姿管理の方法、不調を改善するヒント、死に至る病気を予想し予防する方法など、5つの習慣をお伝えします。


たいせつな人に伝えたい、「死なないカラダ」のつくり方。

本書は、脳神経外科専門の救急外来で腕を磨いた
脳神経外科医ならではの知識と経験をベースに伝える
「死なないカラダをつくる」ための教科書です。

この本では、ただ長生きするだけの健康法は教えていません。

90歳を過ぎても、まったく不自由しない
カラダを手に入れる方法が書かれています。

そのためには、以下の5つの習慣を若いころから身に付けておけば
90歳を過ぎても、だれの手も借りることなく元気に生活できて
ある日、ぴんぴんころりと世を去ることができるのです。

習慣1)ワクワクする人生の目的の立てる
習慣2)今までの生活習慣を点検し改善する
習慣3)外見に気を配る
習慣4)小さい不調も放置しない
習慣5)死に至る病気の遺伝子的要素を知る

各習慣の詳細は、
・まず自分自身の余命を意識し「ワクワクするビジョン」を立てる
・ウォーキングは距離より早歩きが大事
・毎日4時間以上座ると寿命を縮める
・眠りの質と寝具を徹底的に見直す
・おしゃれや容姿に気を配りはじめるだけで体年齢は、どんどん若くなる
・毎朝鏡を見て笑うだけで免疫力が高まる 
・散歩や旅行に制限をかけると脳は若返る
・喫煙や飲酒で癌になるかどうかは遺伝子チェックでわかる
ほか多数。

一生は一度きり。
やりたいことを、やりつくすために
自由な心とカラダを手に入れよう!

目次

  • 習慣1 ワクワクする人生の目的をもつ
  • 習慣2 頭の中の健康スイッチを入れる
  • 習慣3 容姿に気を配る
  • 習慣4 小さい不調も放置しない
  • 習慣5 死に至る病気を予想する

製品情報

製品名 死ぬまで健康でいられる5つの習慣
著者名 著:菅原 道仁 装丁:水戸部 功
発売日 2015年04月21日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-219513-3
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:菅原 道仁(スガワラ ミチヒト)

1970年生まれ。現役脳神経外科医。杏林大学医学部卒業後、クモ膜下出血や脳梗塞といった緊急の脳疾患を専門とし、国立国際医療センター、北原脳神経外科病院にて数多くの救急医療現場を経験。外来診療は月に1500人を診察することも。現在は、「病気になる前にとりくむべき医療がある」との信条で、新しい健康管理方法である予想医学を研究・実践している。日本健康教育振興協会会長。脳神経外科医専門医、抗加齢医学専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。2015年6月、菅原脳神経外科クリニック開院予定。

オンライン書店で見る