東京藝大物語

文芸(単行本)
トウキョウゲイダイモノガタリ
東京藝大物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

全国から才能が集う「東京藝術大学」。講師として赴任した語り部が、そこで目にしたものは!? 赤ら顔でへらへら近づいてくる「ジャガー」、鳩のような動きでポツポツと話す「ハト沼」、全身で芸術論を戦わせる「杉ちゃん」……。こいつらいったい何なんだ!? アーティストとして成功するのは10年に1人といわれる世界で、芸術に生きようとあがく生徒たちとの交流を、あたたかな眼差しで綴った「100%の青春小説!」


明日のアーティストを目指し、全国から才能が集う「東京藝術大学」。講師として赴任した語り部が、そこで目にしたものは!?
赤ら顔でへらへらと近づいてくる「ジャガー」、鳩のように首を動かしながらポツポツと話す「ハッスン」、突然よくわからない行動を起こし、全身で芸術論を戦わせる「杉ちゃん」……。こいつらいったい何なんだ!? 
藝大を出ても、アーティストとして成功できるのは10年に1人といわれる世界で、何者かであろうとあがく学生たちとの交流を、あたたかな眼差しで綴る。
芸術に生きるようとする人たちの葛藤と不器用な戦い。読者に明日の元気をくれる、生の賛歌とも呼ぶべき、「100%の青春小説!」

製品情報

製品名 東京藝大物語
著者名 著:茂木 健一郎
発売日 2015年05月26日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-219478-5
判型 四六
ページ数 216ページ

著者紹介

著:茂木 健一郎(モギ ケンイチロウ)

茂木健一郎
もぎけんいちろう 一九六二年一〇月二〇日、東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学、大阪大学、早稲田大学非常勤講師。専門は脳科学、認知科学。
「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文芸評論、美術評論にも取り組んでいる。
二〇〇五年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を、二〇〇九年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。
その他の著書に、『クオリア降臨』(文藝春秋)、『ひらめき脳』(新潮新書)、『「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法』『セレンディピティの時代 偶然の幸運に出会う方法』(ともに講談社文庫)などがある。