大奥の座敷童子

文芸(単行本)
オオオクノザシキワラシ
大奥の座敷童子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ときは一八五四年、徳川家定十三代将軍の時代。14歳の今井一期は、江戸城大奥に潜入し、座敷童子を連れてくるよう命じられる。仲良しの御次“茜”、伊賀者同心の”唐次”、枕絵の妖怪“サダさん“、人が死ぬと泣く妖怪”泣きジジさま”、妙にイチゴになつく犬・猫・狆たちなど、個性ゆたかな面々に囲まれて、イチゴは大奥と江戸の街を駆けまわる。はたして座敷童子の正体とは?


柔らかく、楽しく! お江戸で包み込んでくれる物語です。ーー畠中恵(作家)
泣けて、笑えて、ほっこりできる物語は、すべての読者の期待に応えてくれる。――末國善己(書評家)

ときは一八五四年、徳川家定十三代将軍の時代。
野笛藩一の美女・14歳の今井一期は、江戸城大奥に潜入し、野笛出身の座敷童子を連れ戻してくるよう命じられる。仲良しの御次“茜”、伊賀者同心の”唐次”、枕絵の妖怪“サダさん“、人が死ぬと泣く妖怪”泣きジジさま”、妙にイチゴになつく犬・猫・狆たち、そして厳しく恐ろしい御年寄りの”嵐山”など、個性ゆたかな面々に囲まれて、イチゴは座敷童子を探す。
噂がとびかう大奥と秘密あふれる江戸の街を駆けまわり、イチゴが知った座敷童子の正体とは?

目次

  • 一 座敷童子をさがせ
  • 二 ひな祭りと謎の人影
  • 三 大奥出世双六
  • 四 髑髏獅子
  • 五 雪のおぐしの方
  • 六 忘れられた人
  • 七 大奥の怪談
  • 八 三毛猫のつかい
  • 九 サダさんの正体
  • 十 泣きジジさまの正体
  • 十一 暗殺
  • 十二 野笛から来た人
  • 十三 徳川家康と妙ちきりんなやつ
  • 十四 大奥の座敷童子
  • 十五 危険のただ中へ
  • 十六 将軍、見参
  • 結び

製品情報

製品名 大奥の座敷童子
著者名 著:堀川 アサコ
発売日 2015年03月18日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219406-8
判型 四六変型
ページ数 240ページ

著者紹介

著:堀川 アサコ(ホリカワ アサコ)

1964年、青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。主著に「幻想シリーズ」の『幻想郵便局』『幻想映画館』『幻想日記店』『幻想探偵社』、「たましくるシリーズ」の『たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖』『これはこの世のことならず』、ノンシリーズに『月夜彦』『芳一』『予言村の転校生』『不思議プロダクション』などがある。