戦争よりも本がいい

センソウヨリモホンガイイ
  • 電子あり
戦争よりも本がいい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

こんな世の中だからこそ、読んでおきたい本がある! 愛の詩集からオナラの文化史まで、江戸の奇人から戦時の無名歌人まで、幻の名著・奇書・傑作をいっきょに紹介。一般にはほとんど知られることのなかった幻の本の数々には、時代の風に流されることなく、ひたむきに綴った著者たちの、つよくやさしい心が透けてみえてくる。


ドイツ文学者として出発した著者は、たんなる独文学研究者にとどまることはありませんでした。日本文学はもとより、美術、工芸、民俗、芸能、放送文化に至るまで、幅広く日本と世界の文化を読み解き、ときに軽妙に、ときに重厚に、数多くの文章を世に問うてきました。
そのおびただしい作品の背景には、広くかつ深い読書体験があります。
本書は、現代日本の代表的な文筆家の一人である著者が、忘れがたく、ひそかに大事にしてきた、しかし一般には知られることのほとんどない幻の本の数々を、紹介するものです。
著者は、大きな物語には与しません。政治や経済を声高に語るタイプの本は、ここには登場しません。集団的自衛権も憲法9条も、表だって登場することはありません。
そうではなく、市井にあって、人知れず情熱を傾け、深い思索や高潔な境地にたどり着いた、滋味をたたえる名著と呼ぶべき本が、主役です。
たとえば、先の戦争の時代に成人とならざるをえなかった人々。無名の歌人・田部君子が詠んだ珠玉の歌。民間の饅頭博士・松崎寛雄の心意気。
はたまた、芥川龍之介が密かに思いを寄せた人を恋う悪念の詩、あるいは、江戸を自在に往来した金谷上人の痛快無比な行状記。
全129冊。「本のなかにどっさり本のある本」を堪能してください。

目次

  • 1 偏愛的人間
  • 2 戦争よりも本がいい
  • 3 文人たちの遺珠
  • 4 異能、奇才、名人、達人
  • 5 歴史の機微
  • 6 江戸の知恵
  • 7 旅と民俗
  • 8 美術と工芸
  • 9 人生のデザイン

製品情報

製品名 戦争よりも本がいい
著者名 著:池内 紀
発売日 2014年11月27日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-219259-0
判型 四六
ページ数 426ページ
初出 雑誌「本」にて「珍品堂目録」のタイトルで2003年1月号~2013年10月号に連載。

著者紹介

著:池内 紀(イケウチ オサム)

1940年、姫路市生まれ。東京大学人文科学研究科修士課程修了。東京大学教授を経て、現在、エッセイスト、ドイツ文学者。主な著書に、『諷刺の文学』(白水社、亀井勝一郎賞)、『海山のあいだ』(マガジンハウス、講談社エッセイ賞)、『ファウスト』(集英社、毎日出版文化賞)、『ゲーテさん こんばんは』(集英社、桑原武夫学芸賞)、『恩地孝四郎―一つの伝記』(幻戯書房、読売文学賞)、『カフカ全集』全6巻(白水社、日本翻訳文化賞)、『悪魔の話』(講談社学術文庫)など、多数。

オンライン書店で見る