異邦の仔

文芸(単行本)
イホウノコ
  • 電子あり
異邦の仔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

放送作家の立花が降りた直後に、乗っていた電車の車両が爆発した。爆弾が仕掛けられたのは、直前まで立花が座っていた席だった。数日後、都内で再び爆発事件が起きる。被害者は池上昭次。彼は立花が三十四年前にイラクで仕事をしていた際に出会った人物だった。まさか自分たちはテロリストに狙われているのか。舞台は一九八〇年のイラクに飛ぶ――


放送作家の立花は、番組の収録に向かう東京都内の電車の車中で、いつもと同じ席に座っていた。すると、近くに座っていた女性が携帯電話を席に忘れて降りていった。立花は慌てて女性の後を追い、携帯電話を手渡した。停車中の電車に戻ろうとするが、タイミング悪く発車してしまう。その数瞬後、電車が爆発した。混乱する人々の中に大怪我をした女性を見つけ助け起こそうと近づくと、爆発した座席が見えた。そこは直前まで立花が座っていた座席だった。
その数日後、都内で再び爆発事件が起きる。被害者は池上昭次という男性だった。彼は立花が三十三年前にイラクで仕事をしていた際に出会った人物と同姓同名だった。まさか、自分たちはテロリストに狙われているのか? 果たしてその恐るべき想像は的中しているのか。舞台は一九八○年のイラクに飛ぶ――

■目次
第一部 テロルの口笛
第二部 一九八○年の黒歴史
第三部 恩讐の果て

目次

  • ■目次
  • 第一部 テロルの口笛
  • 第二部 一九八○年の夢
  • 第三部 恩讐の果て

製品情報

製品名 異邦の仔
著者名 著:西川 司
発売日 2014年11月19日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-219226-2
判型 四六変型
ページ数 306ページ

著者紹介

著:西川 司(ニシカワ ツカサ)

1958年、北海道生まれ。脚本家、小説家。ラジオ、テレビの脚本構成、児童小説、刑事小説など、ジャンルを問わずに活躍している 。

オンライン書店で見る