若者のすべて 1980~86「週刊プレイボーイ」風雲録

ワカモノノスベテ1980~86シュウカンプレイボーイフウウンロク
  • 電子あり
若者のすべて 1980~86「週刊プレイボーイ」風雲録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

80年代の若者雑誌といえば、「ホットドッグ・プレス」、そして「週刊プレイボーイ」だろう。
「週刊プレイボーイ」元編集長・島地勝彦氏は今もエッセイストとして活躍中、当時の編集部の多士済々ぶりはNHK総合で「全身編集長」としてドラマ化され、話題となった。
本書は80年代に100万部を発行し、社会現象になった「週刊プレイボーイ」編集部で、青春を過ごした一人の若者の、夢と欲と野心の物語である。
その当時、伝説のシマジ編集長のもとで、WPB軍団はどんなドタバタの日常を送っていたのか、またその泣き笑いの日々の中で、編集者たちは何を考え、何を求めて企画をつくっていたのかがわかる第一級の資料である。小林麻美、夏目雅子、堀江しのぶ、五月みどりなどの時代のアイコンとの秘話多数収録。

目次

  • 第1章 パイレーツ オブ 九段
  • 第2章 就職戦線異状なし
  • 第3章 なんで、なんとなくクリスタル?
  • 第4章 スモーク・オン・ザ・ウォーター
  • 第5章 深夜、「深夜プラス1」にて
  • 第6章 1983年 WPB編集部
  • 第7章 すばらしき週刊誌世界
  • 第8章 熱血 私が直す!!
  • 第9章 傭兵部隊の真実
  • 第10章  トツカマスク 東奔西走!!
  • 第11章  お互いの奇襲戦
  • 第12章  『鬼門タイムズ』と『風に訊け』 
  • 第13章  トツカマスク、童貞と混浴す
  • 第14章  野坂先生立候補――雪の長岡、スパルタな冬の海
  • 第15章  100万部週刊誌へ! 編集者だよ、全員集合!
  • 第16章  記者コミネ 最後の日
  • 第17章  初参加! 編集会議
  • 第18章  ぐわんばれ!平凡パンチ
  • 第19章  パフォーマンス編集者軍団
  • 第20章  オールナイト編集者の誕生
  • 第21章  編集者を支えるトライアングル
  • 第22章  ニュースは取材するものではない、作るものである
  • 第23章  1985年 100万部の社内報
  • 第24章  ぐわんばれ、俺!!
  • 第25章  知られざる、二つの9・11
  • 第26章  二つの野望
  • 第27章  地獄の目次録
  • 第28章  元DJは廃人症候群
  • 第29章  涙、泪、なみだの対面
  • 第30章  タレント編集者・成長の限界

製品情報

製品名 若者のすべて 1980~86「週刊プレイボーイ」風雲録
著者名 著:小峯 隆生
発売日 2014年10月30日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219180-7
判型 四六
ページ数 304ページ

著者紹介

著:小峯 隆生(コミネ タカオ)

1959年、兵庫県芦屋市生まれ。筑波大学非常勤講師。東海大学工学部航空宇宙学科卒業後、外資系企業のサラリーマンを経て「週刊プレイボーイ」の編集者を経験する。その傍ら、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」のDJとしても活躍。ジェームズ・キャメロン監督の『ターミネーター2』にも出演した。著書にモデルガンまみれの少年時代を描いた『1968少年玩具』(角川学芸出版)など。

オンライン書店で見る